トレイルランで膝が痛くなった男性の治療内容

トレイルランニングで痛めたひざの痛み

こんにちは!

松山市でひざ痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

トレイルランニングで膝の痛み

本日の症例は

山を駆け抜けるトレイルランニングを頑張られているという
運動をよくされていた20代男性の方です。

トレイルランニングとは?

トレイルとは未舗装路のこと。つまり、未舗装路を走るのがトレイルランニングです。未舗装路といっても、さまざま。林道、砂利道、登山道などを総称したのがトレイルと考えてください。そして、これらのトレイルを走るのがトレイルランニングです。一般的には通常のハイキングコースや登山コースを利用します。

Trail Runner.jp より

以前、タナ障害の手術をしていた


どの様な時に痛むかというと
走っている時に膝に痛みがあるという事でした。

その方は、以前にも膝の痛みがあり
あまりにもひどく続くので
病院の手術で、内側タナ障害の手術受けられていたそうです。

術後は、それはそれで良くはなっていたのですが
しばらくすると
走ったり運動をするときにやはり
右膝に痛み・違和感があるということで来院されました。

ちなみに「ひざのタナ障害とは?」

膝関節を覆う袋である関節包に認めるひだ状の部分は滑膜ヒダと呼ばれています。このうち膝蓋骨の内側縁近傍に認める内側滑膜ヒダは関節鏡で見ると棚のようにみえます。この棚が大きいとき、スポーツや膝への外傷を契機として膝屈伸時に膝蓋骨(お皿の骨)と大腿骨の間に挟まったり、こすれたりして炎症を起こし痛みが生じるため棚障害といわれています。

整形外科の病気:膝棚障害 | 病気の治療 | 徳洲会グループ

当院の施術内容について

来院時は、膝に体重をかけてみても特に痛みが感じられなかったのですが

ベッドに足を乗せて踏み込んでもらったり
スクワットを行う時に右ひざに痛みが生じていました。

さっそく触診をしていくと膝周りよりも
下腿の特にふくらはぎの硬さが目立っていました。

まずは腓腹筋やアキレス腱の過緊張軽減を試みます。
そうすると、それはそれで楽になりつつも

痛みに関してはそれほどの変化はなかったようで

その次に下腿の内側に付いている
後脛骨筋の硬さが目立っていたので

後脛骨筋に着目して同部位の過緊張を緩めるための
後脛骨筋テープを貼ったところ

膝内側の痛みが
10→2、3に減りました。

今度は、膝のお皿と言われる膝蓋骨に着目します。

この方のひざのお皿の動きが非常に悪く、

ほとんど動きがないくらいに
上に引っ張られている状態でした。

そこで当院のアクチベーターを使用して
ひざのお皿の動きを良くしたところ

アクチベーター

ひざの痛みはほとんど消えました!

話を聞いていますと

トレイルランの練習はよくしていたものの
準備運動や運動後のケアはあまりしてこなかったそうです。

とくに運動後の身体のケア、メンテナンスが
疎かになっていたようです。

それに伴って下肢の筋群の硬さが目立って
故障しがちになっていたようです。

最近は、ひざに痛みが出るのでジョギングするのも疎遠になり
練習不足になっていたそうですが

当院で施術をして痛みが取れた後、
久しぶりに軽く走ってみたら

「5キロ走れました!」
と嬉しそうにおっしゃっていただきました。

ただ、まだ完全復活とはいかず階段の上がるときなどに、
ひざ関節の内側上縁と膝蓋骨下にすこし痛みが出るとのことでした。

今後も引き続き、来院していただくことになりましたので

膝周りの安定テープを施しながら
膝蓋骨を上に引っ張り上げていた大腿直筋の短縮の改善。

そして、後脛骨筋や
足関節の可動性の改善を促していきます。

そして、自己メンテナンスのケアの方法を教えて
自分でケアをして頂くことで

痛みも出ない身体になるでしょう。

本日も、最後までブログをご覧いただき
誠にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する