自己紹介

初めまして、ゆかい整体 院長の上杉です。

改めて生い立ちと、当院を立ち上げるに至った経緯までをお話しさせていただきます。

私は、愛媛県八幡浜市で生まれ、松山市で育ちました。

幼少期に病院にお世話になってました

現在は日常生活での会話において、特に支障がないほどに聞こえていますが、先天性の難聴につき片時も補聴器を欠かすことができません。また、幼少のころから耳の聞こえのための手術を行なってきた経緯もあり病院にはとてもお世話になってきました。

しかし身体を動かすことは大好きな活発な子供でした。

スポーツも剣道からバスケット、軟式テニス、卓球、実戦空手、テニスなど興味があるものはどんどんやっていました。

そんな中、大きくなったら人の助けになれるような理学療法士になってたくさんの困っている人を救いたい!そんな希望を抱いて理学療法士養成校に進みます。

そして、卒業後には総合病院に就職しました。

モヤモヤのなか年月を経て

あっという間でしたが、病院勤務から訪問看護ステーションでは市内を回って訪問リハビリを。
小児の子供さんから高齢者まで、そしてデイサービスにおいては高齢者へのリハビリの業務にも携っていきました。

理学療法士という専門職は学校の教科書にはないことがほとんど多く出てきます。

痛みを抱える患者様に対しての治療は、痛みのある部位をマッサージ・ストレッチを行う程度で、一時的に痛みは取れるも完全に改善しきれていませんでした。

患者様に対して大変申し訳ない気持ちと、自分にとっても不完全燃焼という日々を過ごしてきました。 しかし、あきらめずに勉強、そして講習会・セミナーを受講するために全国を飛び回りました。

目の前に悩んでいる人がいるのにほっておくことは出来ない。
あきらめずに何か方法はないのかと模索し続けていました。

デイサービスの利用者さんがある日、突然。

デイサービスセンターの副施設長でリハビリ長として勤務していた折に利用者さんとして来られていた腰痛のひどい利用者さんが、ある日、腰痛が全くない状態で来所されました。

病院でも治らず、手術しかないと言われ、うちで、いくらリハビリしても改善されなかった利用者さん。

どうして改善されているのか尋ねたところ、とある治療院で治してもらったとのことでした。

あまりにも衝撃的な改善変化だったのですが、さらに上をいく衝撃的発言が

「テープを貼ってもらったら良くなった。」とのこと

学校で習ったテーピング、いわゆる引っ張って貼り付ける、締め付けるようにして貼る固定テープを想像しながら聞いていたのですが、それにしても、この変わりように驚き興味本位で、

その治療院のその先生に、お話だけでも聞きに行こうと思い立ったのです。
なぜだかわからないですが、

衝動に駆られるように足が向かわせたのです。

これまでの自分のやり方に煮詰まって何とかしたいという思いが先立ってそうさせたのだと思います。

その治療院の先生は、畑中梁一先生でした。

訪問した時にはちょうど患者様がいらっしていて施術中だとのことで治療室の廊下はさんだ隣の応接間で待たせていただきました。

そっか、本当の喜びの表情はこれなんだ

応接間で待たせていただくうちに

患者様の施術が終えたようで一人の女性の学生さんが治療室から出てきました。

その方の表情にあっけにとらわれてしまいました。

ものすごく感激されてスゴイ楽です!と言わんばかりの嬉しそうな表情と話し声。

子供は忖度しません。子供は正直です。だからすぐにわかりました。


”そっか、本当に改善した時の感激の表情はこうだよな。”


”「とりあえず、様子見ましょう」の治療じゃこんな笑顔見れなかったなあ。”



ショックというよりはびっくりそうだった!という再確認させられた瞬間でした。

その瞬間までは、申し訳ないですが半信半疑、まだ疑い深く当デイサービスに来られていた利用者さんのケースもたまたまではないかと思っていた部分もありました。

しかし、疑いは晴れました。うちに来られていた利用者さんも喜んでいて、続いて目のあたりにした今回の患者様も感激されていたら

もう興味しかありませんでした。

その後に、畑中先生には、どこの誰ともわからないような自分に丁寧に、お話をしてくださりました。

その場で、ぜひ治療場面を拝見させていただきたいと直訴して、了承いただき、

後日、拝見させていただき、あらためて勉強したいと思えたのが

この時はまだ正式名称はありませんでしたが後の「畑中式メディカルテーピング」でした。

といっても、数回の講義で修了できるような内容ではなく264時間以上の講義を経てかつ、実際に畑中先生の治療室に入らせてもらってインターンにも関わらせていただき

机上の理論だけでなく実際の患者様への対応方法施術の流れなども学びながら施術の神髄を学ばせていただきました。
なお、現在も進行中で時々、勉強させていただいています。

おかげさまで日々、進化していっています。

畑中式メディカルテーピングではテーピングはあくまで手段にすぎず

本質は体の不調、痛みの原因を見極めることです。
そのうえで初めて改善させるための手段が活きてきます。

身体の痛みを改善させるということはいったい何なのかということを学ぶことができたのです。

多くの大原則として・・・
「痛みが出ている場所は結果であって原因ではない。」
ということが挙げられます。

それからというもの、痛みをただ抑えるだけの対症療法ではなく原因のありかを特定していく根治療法を進めることができるようになりました。

そして疼痛改善率も向上。

痛みを抱える方々にも喜ばれるようになりました。

そんな身体の痛みの悩みをもつ方々の力になりたいと思い、体の痛み・不調の悩みを解決できる整体院を立ち上げさせていただきました。

数多の病院や整体・接骨院で繰り返されるその場しのぎの施術でなかなか改善しない方々に自分の施術を通して助けていきたいと考えています。

もっとこの「畑中式」という教えを広めていけたらと思っています。

そして元気になって笑顔になる人が増え、日本中が笑顔に満ち溢れ活力のある社会になれば、もっともっと日本も元気になります。

そしてこの輪を日本だけでなくアジアそして「世界に」そんな夢をもって、地元、愛媛から始めさせていただきました。

「どこに行っても改善しないんだなこの痛みは」と改善を諦めているのであれば、

最後に私のところに来てください。

万策尽きた後でも構いません、にかく会いに来てください。

「畑中式」を体感してそして改善していってください!

どこのどの整体院よりも真剣にあなたと向き合います。

もし、痛みに対しての改善の方法をお探しで、「身体の痛みを改善させて好きなことしたい!」との思いがありましたらぜひ、ゆかい整体へお越しください。

お待ちしております。

上杉光生

講習・セミナーも開催しています。

畑中式メディカルテーピングの公認指導員として、リハビリの専門家である理学療法士や柔道整復師、スポーツトレーナーを対象に、畑中式メディカルテーピングといった自分の技術を伝え、一般の方にも自己メンテナンスやお身体の故障時の対処方法などお伝えさせていただいています。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する