坐骨神経痛とは何ですか?「愛媛県松山市ゆかい整体」

坐骨神経痛とは??

こんにちは!

「愛媛県松山市ゆかい整体」

院長の上杉です。

「坐骨神経痛と病院の先生に言われました。」と言われる患者さんが非常に多いのですが、

坐骨神経痛は病名?症状名?

脊柱管狭窄やヘルニアと言われずに坐骨神経痛と言われたなら、坐骨神経痛は症状名なので病名ではありません。逆に脊柱管狭窄やヘルニアであれば病名なので、どのような原因があってできたものか説明できます。坐骨神経痛は症状を表す名称なので、原因を特定した病名ではありません。

これはどういうことかと言うと、原因を特定していないのでただ症状名を伝えられただけのものと言えます。

したがって、腰の痛みやシビレの原因は分からないが症状が出ているものを抑えるために湿布を貼ったり薬を服用したりと処方されています。もちろん、症状を抑えるだけで根本の原因を取り除いていない為、改善しないもしくは改善しても再発の可能性が高いです。

または脊柱管狭窄やヘルニア由来の坐骨神経痛と言われた患者さんがおられます。

お医者さんから、腰椎椎間板ヘルニアもしくは腰部脊柱管狭窄症により坐骨神経を圧迫しているからですよと説明をされているのですが、

自分は、患者さんに「その腰の痛みしびれはどこから出てますか?」と尋ねると「お尻のほうから太ももの裏にかけてです。」と言われます。

もし、仮に腰椎の圧迫によるものだとしたら腰椎部分のところからシビレ・痛みがでるはずですが、それを飛び越えてお尻のところからしびれているということはその場所になにかエラーが起きていると考えるのが普通です。

そして、実際には腰椎に原因があったのではなくお尻にある筋肉、梨状筋(りじょうきん)に問題が生じていることが分かります。

この梨状筋の内側をくぐって坐骨神経が足の先まで通っているので、この梨状筋が固くなってしまうことにより坐骨神経を圧迫していることがよくあります。

これを梨状筋症候群といいます。梨状筋症候群による坐骨神経痛です。

なので、その梨状筋をうちの場合はメディカルテーピングを行うことによりその場で緩めることができますので、症状もすぐに緩和されます。

本当に脊柱管狭窄やヘルニアの患者さんというのは割合的に少なく、おおかたはこの梨状筋症候群だったり他の原因からくるものだったりすることが多いように感じます。

脊柱管狭窄やヘルニアからの坐骨神経痛ではなくて梨状筋症候群だったら、原理はとても簡単なので改善も早く済みます。

なので、病院の先生に坐骨神経痛と診断されたなら、どこから原因が来ているのか?本当にそうなのか、すこし疑ってみていくとよいかもしれません。

坐骨神経痛だからといってブロック注射をうたれたり痛み止め薬を処方されるっていうのは、その場の痛みを一時的に抑え込んでいるだけになります。

もし坐骨神経痛と言われたら、どこの原因による坐骨神経痛なのかを特定して施術していく必要があります。

当院では、坐骨神経痛の原因を特定して原因を取り除いていく根本治療を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です