坐骨神経痛のやってはいけない5つのこと

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

腰痛にも様々な種類の症状があり、
脊柱管狭窄症やヘルニア、ぎっくり腰、すべり症、腰椎分離症、など様々ですが

その中でも多くみられるのが坐骨神経痛です。

そんな坐骨神経痛の症状と原因

そしてやってはいけないこと

そして坐骨神経痛になった時に
どのような治療を行われているのかなどをご紹介したいと思います。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛を説明する前に

そもそも坐骨神経が何なのかと言いますと、

体の中で最も太くそして脊髄神経から派生する末梢神経として
腰部から足先にまで伸びているとても長い神経となっています。

このように青い部分が坐骨神経ですが

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が
圧迫されるなどして起こる

痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを
坐骨神経痛と言います。

多くの場合、お尻や太ももの後ろ、膝、足先など
痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

ではこの坐骨神経痛が出たときに

どのような治療を行うのかは先日、お話ししましたので

今回はやってはいけないことについてお話したいと思います。

坐骨神経痛でやってはいけないこと。

1、まずは筋力強化運動



いわゆる筋トレです。

腰痛になったら腹筋・背筋を鍛えなさいとよく言われます。

その流れで
お尻の筋肉も筋トレをしてしまい悪化させることがあります。

なぜかというと
坐骨神経痛の原因には、
梨状筋というお尻の筋肉が硬くなり
坐骨神経を圧迫して発症する梨状筋症候群というものがあります。

坐骨神経痛の原因の多くが
これにあたります。

この梨状筋を硬くするような
お尻の筋トレをするという事は、

よけいに症状を悪化させてしまいます。

2、運動(原因による)

上記の筋トレと少し意味合いが異なってきますが、

上記の場合は梨状筋症候群と言って
梨状筋の硬さに原因があった場合のケースだったのですが、

こちらはヘルニア・狭窄症により
坐骨神経を圧迫している場合のケースになります。

たとえば体操・ストレッチや筋トレなどもそうです。

要は脊柱管の異常によって生じた症状であるため
これらの運動で脊柱を過度に動かしてしまうと症状を悪化させてしまう場合があります。

3、安静。

上記で運動を控えなさいと言いながら、

こちらでは逆に安静はダメとなると非常に混乱させてしまうのですが、
これにも理由があります。

一昔前では、

「腰痛になったら横になって安静に」
と病院の先生にも言われてきたことがありました。

しかし、最近の研究報告では

安静はむしろ
筋力低下を引き起こし、

逆に身体を動かしておいた方が
筋肉の伸び縮みによりほぐれやすいため良いと言われています。

したがって過度の安静は良くないという事です。

4、同じ姿勢を続ける。

個人差がありますが、

長時間の座位により悪化する人もいれば
長時間の立位姿勢で悪化する人もいます。

共通して言えることは

同じ姿勢を続けることで
お尻の筋肉を硬くさせてしまい
坐骨神経の圧迫につながってしまうという事です。

出来ることであれば、
長時間続けるのではなく
時間を区切って時々動作を入れることが大事になってきます。

5、ヒールの高い靴を履く。

要はハイヒールなのですが、

このヒールの高い靴を履くとどうなるかというと

立位姿勢で重心がつま先にかかりやすくなり、

背筋や腰、そしてお尻の筋肉に力が入る状態になります。

つま先立ちをしてもらうとわかりやすいかもしれません。

お尻から太ももの裏、膝裏、ふくらはぎそして足のつま先まで力が入ると思います。
これによりお尻の筋肉を硬くさせてしまい

坐骨神経の圧迫につながってしまうという事です。

まとめ

今回は

坐骨神経痛のやってはいけないことを5つお話しさせていただきました。

読んでいただいてわかるとおり、

人によってやってよいこと悪いことが異なってきます。

それは同じ坐骨神経痛症状であっても、
原因が異なる場合があるからです。

人によっては、
脊柱管の不安定さからくるものだったり、

あるいは梨状筋が硬くなって
引き起こされているものであったりと。

どの場合においても、
自分の身体がどの様な状態になっているのか、

なにが原因で症状が出ているかを知っていかないと
禁忌事項も異なってきますし、治療方法も変わってきます。

したがって
テレビでやっていた〇〇療法を見てやってみたり、雑誌に載ってたヨガのやり方でやってみたり、インターネットに乗っていた運動・体操をやってみたでは済まされないことになってきます。

このような
巷にあふれかえっている情報に惑わされて

いろいろと試してみた結果、
症状を悪化させてきた患者さんを何人も見てきました。

なぜそのようなことが起きるのか、

それは
情報発信者あるいは情報発信媒体は、
多くの人々に向けた情報を発信しているのであって、

貴方個人の状態もしくは症状に合わせて
教えてくれているわけではないからです。

坐骨神経痛で悩んでいて、

自分に合った改善方法・治療法を探している方はぜひ一度、
当院にご相談いただけたらと思います。

あなたのお身体の状態から症状の原因、改善方法まで
的確にお話しさせていただきます。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する