腰痛で整体をお探しのあなたへ

腰痛は「本当の原因」を改善していくことで解消されます!

日本では腰痛で悩まれている方が非常に多く、病院の整形外科へ通われている患者様で多いのが「腰痛」です。

腰痛の原因は人によって様々ではありますが、和式から洋式スタイルの生活になり椅子での生活が当たり前になりました。それに伴い車の運転時間やデスクワークと言ったパソコン作業など座っている時間が長くなってることも腰痛の原因の一つに数えられるまでになっていると考えられます。

  • 座るだけでも腰が痛い
  • 寝返りを打つのが辛い。仰向けに寝れない。
  • 階段の上り下りが辛い
  • 整形外科や整体、鍼灸・接骨院に行ってもよくならない。
  • 腰痛から解放されて、仕事や家事を思いっきりやりたい。
  • 痛み止めの薬を飲んでも改善されない。
  • 手術をするべきなのか。
  • 慢性腰痛が一時的によくなってもすぐに元に戻ってしまう。
  • この腰痛が一生続くのではないかと不安。

一つでもあてはまる方はできるだけ早く当院に来てください!

腰痛はその名の通り「腰に痛み」という症状ですが、痛みは腰に出ていますが

原因はその人によって違います。

その人によって原因が違いますので、もちろん施術方法も対処方法も施術対象もすべてが変わってきます。

しかし、今までの病院や整骨院・整体院はどうでしたでしょうか?

腰痛だったら

  • 痛み止めの湿布
  • 痛み止めの注射
  • コルセットを処方
  • 物理療法の電気治療・干渉波など
  • 腰椎の牽引
  • ホットパックの温熱療法
  • マッサージといった押さえたり揉んだりするリハビリ
  • ボキボキといったアジャスト

といったお決まりの定番メニューコースに沿って進められていませんか?

病院や整骨院・整体院に通院しても、なかなか改善しないのはこのように、腰痛ということでひとくくりにされて、湿布を貼ったり、痛みどめを飲んだりして痛みを抑え込もうとするその場しのぎの事をしているからです。

いつまで、痛みにフタをするだけの治療を行いますか?

もう大丈夫です。安心してください!

あなたの腰痛がなかなか改善しない原因をこれから説明していきます!!

腰痛の根本原因のことから当院の施術方法・腰痛予防の考え方についてなど、違った視点で見る内容について詳しく書いていますのでぜひ参考にして頂けたらと思います。

みなさん当院の施術をうけて、腰痛が解消されていますので、腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください!

一般的に考えられている腰痛の原因とは

  • 腹筋、背筋が弱いから腰痛になる
  • 年だから腰が悪くなる
  • 立ち仕事で腰にくるようになった
  • ヘルニアだから

腹筋、背筋が弱いから腰痛になる

これらはもっともらしく聞こえるのですが、違います。

腹筋背筋が弱くて腰痛になるのではなくて、腹筋の硬さと背筋の硬さ、そして腹筋背筋のアンバランスが生じることで腰痛になると言えます。寝たきりになったりしない限りは日常生活を行う上では支障をきたすほど腹筋背筋が弱くて腰痛が生じるまでに至ることはあり得ないと考えています。

しかし、病院などでよく言われるセリフです。

年だから腰が悪くなる

年齢関係なく腰痛の患者様はやってきます。20代の方でも腰痛になる方はなります。老化が腰痛の原因とは言い切れません。確かに、骨密度の低下や筋力低下によって圧迫骨折や脊柱管狭窄症のリスクは高まっていきますが、腰痛において老化とは別の原因が多くみられていますので、年だからは原因になりません。

立ち仕事で腰にくるようになった

立ち仕事で立ちっぱなしだったため、腰への負担がかかり腰痛になったと考えがちですが、実は立つ姿勢よりも座位姿勢のほうが腰への負担が大きいです。座位姿勢のほうが立位姿勢よりも約1.4倍ほど負担がかかっています。

これには、腰椎の椎体と椎間板の生理的湾曲から生じる腰への負担が、立った時よりも座った時のほうが大きいという事がわかっているからです。さらに、座位においても普通に腰掛ける姿勢とパソコンに向かって、より前傾姿勢になった時の座位姿勢となると、前傾姿勢のほうが腰には負担が大きくなっていると言えます。

ヘルニアだから

現在においては、ほとんどの椎間板ヘルニアは腰痛とは関係がないとされています。実際に痛みのない健常人でもヘルニアの所見が見られる人が76%あったとする報告があります。逆を言うとヘルニア所見あったとしても腰痛ではない。ヘルニア=腰痛 ではないという事が言えるのではないでしょうか?

事実、当院でもヘルニアと診断された患者様でヘルニア箇所はそのままに別の原因箇所を改善させていくことで腰痛症状は改善させていくことが多くにあります。

もし仮にヘルニアが原因であれば神経を圧迫している所見になるので、しびれが生じるはずです。例えば正座をしていて足がしびれたり、あるいは寝てて腕を下にして寝てしまっていて腕がしびれたりと言ったようにしびれが出ると思いますが、腰痛のように痛みが出るという事はあまりないのではないでしょうか。

ヘルニアだからしびれは出ることがあっても痛みが生じるという事は考えられにくい事で、腰痛とむずびつけるのは容易ではないと思います。

病院や整体・整骨院などの一般的な施術

  • 痛み止めの湿布を渡される
  • 痛み止めの注射をうつ
  • コルセットを処方
  • 電気治療
  • 腰を引っ張る牽引
  • ホットパックであたためる
  • マッサージ
  • ボキボキ

このような感じで処置をされることがほとんどであると思われますが、
これらすべてに「ある共通点」があるのをご存知ですか?

それは、

痛みのある所にしかやっていません。

  • 痛いところに 痛み止めの湿布を貼る
  • 痛いところに 痛み止めの注射をうつ
  • 痛いところに コルセット装着
  • 痛いところに 電気を当てる
  • 痛いところに 牽引(腰)
  • 痛いところに ホットパックをあてて温める
  • 痛いところに マッサージをする
  • 痛いところに ボキボキさせる

腰痛の原因が痛みのある所ではなかったら

一発アウト!!です。

しかし、残念ながら、腰痛の原因の場所は

痛みの場所以外にあることが多いです。
いやほとんどが痛みの場所ではないところです。

そして一つの原因によって腰痛になっているのではなく、様々な要素が絡み合っておこります。

腰痛の原因とは?

  • 全身の筋肉のバランス
  • 自律神経
  • すべてにおいて生活習慣

全身の筋・筋膜のバランス

8割がたこの全身の筋肉のバランスのくずれだと言えるでしょう。

姿勢の崩れにおいても骨盤、背骨のくずれにおいても筋肉の短縮・萎縮など筋肉に引っ張られる形でくずれてしまいます。

腰痛箇所とは異なるところの筋肉や筋膜の硬さによってしわ寄せが来たのが腰痛となって表れていることが多いです。

自律神経の乱れ

疲れなどが蓄積されて自律神経の働きが悪くなると、筋肉の緊張が強くなったままになりコリを誘発したり姿勢の崩れ身体の歪みで全身が硬くなってしまいます。

そして歪んだ状態、硬い筋肉のままで日常生活を送ったり、負担をかけ続ければ、腰に負担がかかるリスクが高くなります。

睡眠不足や疲労やストレスの積み重ねにより自律神経が乱れてしまう事となります。

すべては生活習慣にあり

上記二つの原因について、すべては生活習慣に始まります。

西洋スタイルの生活様式になった日本において椅子に座っての生活が長くなっています。座位姿勢、それだけで負担がかかりますが、しかも長時間によりさらに負担がかかっています。

他にも、仕事内容によって様々な弊害をもたらすこともあります。

これらのことから、痛みの場所に行っていっても腰痛は改善しないという事が言えます。

当院が行う整体とは?

当院に来院される腰痛の方は、よほど軽症でない限りは「複数回」(回数は患者様の状態によって異なります)が目安となっております。

腰痛とはこれまで蓄積されたお身体の原因がありますので、これらの根本原因を解消させるために数回、整体をうけることで痛みを改善させます。そして日常生活に戻ったあとも、再びぶり返さないために予防運動もとり入れる方がほとんどです。

当院では初回だけで痛みの改善を実感することができます。

腰痛になった時は悩まずに、できるだけすぐに治療をうけてください。

そして、痛みを抑えるだけであれば、薬などによりどこでもできるかもしれませんが、再び腰痛が出ない身体づくりと、腰痛の原因を知ることにより、その人の良くない身体のクセ、動作のクセを修正することができます。

また、腰痛になる兆候を身体の状態・サインで判断ができるようになりますので、自分の中でコントロールができるようになります。

では具体的に何をしていくのかというと

畑中式メディカルテーピング

当院では畑中式のメディカルテーピングを行います。

テーピングといっても引っ張って貼ったり固定をするような貼り方ではない独特な貼り方です。それにより循環が良くなり血流量が増え酸素と栄養、リンパ液が行きわたり筋肉が緩まるようになります。

逆に引っ張ったり締め付けたり固定するような貼り方をしていては、かえって筋肉への循環が阻害されてしまい筋肉はやせ衰えてしまいますので厳禁です。

※ちなみに湿布とは異なりテープ自体に薬剤は入っていません。ただの伸縮性のあるテープでありこの伸縮性を利用した施術で行っています。

当院では、クリームを塗った後にテープを貼っていくのですが 、このクリームもテープ同様に筋肉を瞬時に緩める効果が出るもので、肩こりや筋肉痛などにとても効果が出ています。

気になる方は声かけていただき、試しに塗っていただくとその効果を実感できると思います。

また、ヒットマッサーで振動を与えていきながら筋肉を緩めていきます。

腰椎の椎間関節や骨盤の仙腸関節がロックして詰まっているのであれば、椎間関節や仙腸関節の動きを引き出すためのアクチベーターを使用し、椎間関節・仙腸関節の可動性を出してやることでお尻の筋肉、殿筋群はすぐに緩むことができます。

その他にも、自動運動など様々な方法で緩めることは出来ますが、あくまで原因である筋肉、ターゲットを見誤らないことが肝心です。

そうすることにより前かがみで起こせなかった身体を起こせるようになり、痛みの改善を実感できるようになります。

腰痛の整体をお探しのあなたへ

これまでに当院に来院された腰痛の患者様は、それまでに何件もの病院や整体院・整骨院へ通われていた方ばかりでした。

病院で

  • 「レントゲンに異常がみられない」
  • 「レントゲンで微妙に疑わしい箇所がある」
  • 「原因がわからない」

と言われた腰痛の患者様においては当院で楽になる可能性が非常に高いと思います。

病院の痛み止めの薬や注射でその場は一時的に腰痛を抑える事ができても、一時的なものになってしまいます。

「もう腰痛で悩みたくない」という方は、ぜひ当院へご相談ください。

記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する