坐骨神経痛の時の寝方について

坐骨神経痛で腰からお尻そして足にかけての痛み・しびれはとても辛いものですが、日中だけでなく就寝時にも痛み・しびれがあるときはなんとか楽な姿勢で寝たいものですよね。そんな坐骨神経痛の時の痛み・しびれが出ているときの上手な寝方がありますので、坐骨神経痛の時の寝方についてご紹介します。

横向きに寝るのが一番ベスト

実は基本的に、坐骨神経痛で辛い時にはこれが一番です!と決められたものはなく、楽な肢位は人によって異なってきます。坐骨神経痛の症状や原因が人によってそれぞれ違うためです。

ただ、その中でも最も症状に合わせて無理がないと言えそうなのが、「横向き」に寝るです。そしてその次に楽なのが「仰向け」です。あとはうつぶせになりますが、これは背中・腰を反ってしまうので、腰に負担がかかってしまいます。 その「横向き」「仰向け」においてもさらに知っておくと良い工夫があります。

横向きで寝るときに一工夫

横向きで寝る際は身体全体丸くなって寝ていただいて股の間・太ももの間にクッションを挟むと、上側の足の重みに骨盤が引っ張られずにすみます。

横向きで寝る姿勢

また、痛みやしびれる側の足を上にしておくと圧迫が少なくて済みますので楽です。

ベッドのマットレスの硬さにもよりますが、腰のくびれに隙間ができて腰椎などの背骨にゆがみを生じて辛いという時には、くびれのところに折りたたんだタオルを敷いてまっすぐに保てるように補助をしておくと良いでしょう。

ただ、寝返りなどでずれてしまいそうであれば腹巻にタオルを挟んでおくのも良いかもしれません。

仰向けで寝るときの注意点

ただ単に仰向けで寝てしまうと、反り腰が強まり症状が出てしまうことがありますので、症状を抑えるために反り腰を予防します。そのために、両膝の下にクッションを敷いて軽く膝を曲げておくと反り腰を予防することができます。

こうすることにより、お尻への圧も分散されて楽になります。

寝る前に軽くメンテナンスをすると良いです

寝る前に症状が出にくくしておくと良いです。例えば、梨状筋症候群による坐骨神経痛症状であるなら、以下のようにお尻の梨状筋にテニスボールや「かたお」「やわこ」を押し当ててしばらく緩めておいてから寝ると楽ですよ。

また、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛症状であれば、以下のように身体を丸める運動で予防です。↓

こちらは背中を丸めたりかがんだ時に症状が出やすい人向けの運動になります↓

これらの運動は、かならず無理ない程度に痛みが出ない程度で行うことを心がけてください。すこしでも身体を楽な状態で寝るのがいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です