ボキボキではなく「アクチベーター」

当院での施術方法には「アクチベーター」も使用しています。

「アクチベーター」 とは(1967年にアメリカで誕生したテクニックのひとつ。)当院も含めた癒快グループオリジナルの活用方法で使用されています。※ちなみに2012年に開催されたロンドンオリンピック金メダリストの、ウサイン・ボルト選手もメンテナンスにアクティベーターメソッドを使用されていました。

整体では一昔前に身体をボキボキ鳴らして施術を行うアジャスト法、スラスト法が流行っていました。こうした施術により頸椎がズレて大事故を起こすことで問題になっていました。

現在の施術家が万が一のために入る障害保険においては、特記事項としてこれらの アジャスト法、スラスト法により生じた障害については保障の対象にはならないとする項目が添えられています。

それだけアジャスト法、スラスト法 は危険で効果が疑わしいと認識されているのです。

アジャスト法、スラスト法 については厚生労働省のほうからも以下のように発表されています。

カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。

厚生労働省

それに対して、大きな動きを必要としない衝撃も最小限でピンポイントで関節に作用させるのが「アクチベーター」になります。

この「アクチベーター」 が、どのような場面で使われるのかと言うと

ぎっくり腰の原因になっていることが多い骨盤の仙腸関節の詰まり・ロックを外す時に使われます。仙腸関節はすこしの可動性を伴って動くべきところですが、何かの原因によってロックしていることがあります。そうなることでぎっくり腰を引き起こすことが多いですが、このロックしている仙腸関節に 「アクチベーター」 を活用することでスムーズな可動性を取り戻しぎっくり腰を解消させることができます。

この間に、時間も痛みも必要がなく、まったく無理がなく身体に優しいアプローチでもって施術が可能となります。

そのほかにも、ひざ関節の痛みの原因になる事が多い膝蓋骨、いわゆる膝のお皿が、お皿の上にある大腿四頭筋に引っ張られて上に上がったままになっているときにも、お皿へ 「アクチベーター」 を活用することで元の正しい位置へ戻し、膝の痛みも解消されます。

他にも四十肩・五十肩においては、鎖骨の動きが固まっていることが多いため、肩鎖関節・胸鎖関節のロックを外すために 「アクチベーター」 を活用していきます。そうして鎖骨の動きを取り戻すことで四十肩・五十肩を解消させることができます。

他にも数えきれないほどの活用が可能な 「アクチベーター」 を当院は活用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です