【腰痛改善】寝たままできる仙腸関節のロック解除・腰椎の可動向上

うつぶせでできる腰痛予防体操。松山市腰痛専門整体の施術超楽
うつぶせでできる腰痛予防体操。松山市腰痛専門整体の施術超楽

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する
ゆかい整体 院長の上杉光生です。

今日は仙腸関節の詰まりからくる
腰痛の改善方法として

仙腸関節のロック解除
お話ししたいと思います。

仙腸関節はどこにある?

まず、仙腸関節とは
どこにある関節かというと

骨盤の仙骨と
腸骨の間にある関節のことを言います。

仙腸関節

そして関節と言われると
肩関節や肘関節、股関節のように

自在に動かすことができる関節のように
思い浮かべるかもしれませんが

この仙腸関節というのは
大きく動く関節ではありません。

一昔前では
仙腸関節と言えば動かない関節とも
言われていたこともあったのですが

厳密にはほとんど動かない。
ほんの数ミリ程度しか動かないというのが
仙腸関節の特徴です。

仙腸関節の役割とは

では、仙腸関節の役割というのは
どんなものかというと

肩やひじ、股関節のように
手足を動かすというよりも

身体の上半身の体重を
骨盤で受け止める。

そして下半身に上半身の荷重を
分散させるといった役目を果たしています。

したがって、
上体を支えるとっても大事な関節と言えます。

もし、
この仙腸関節がうまく機能しなくなったときには

上体を支えることができなくなるため

腰痛であったり
ぎっくり腰になってしまう恐れがあります。

仙腸関節が機能しなくなる原因とは?

なぜ仙腸関節がうまく機能しなくなるのかと言うと

原因は普段の生活スタイルにあると言えます。

日常生活において
中腰での作業が多いであったり

運動・スポーツにおける
下半身の酷使、メンテナンス不足

といった骨盤周りの
筋肉の硬さが引き起こすものもあれば

妊娠・産後の
骨盤のずれなども挙げられます。

これらによって
仙腸関節の動きが制限されることで

ぎっくり腰などの腰痛になってしまいます。

中腰作業による殿筋群の酷使

仙腸関節のロック・詰まりの判別の仕方

基本的には
レントゲンやMRIといった
画像診断では

骨の異常は判別できても
関節の動きそのものは
診断できないので

仙腸関節のロックを
判別することは難しいです。

では、
どの様にして
仙腸関節のロック・詰まりを判断するのかというと

まずは患者さんの
痛みの訴える場所として
上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく) を挙げられること、

仙腸関節部分に違和感や痛みの訴えがあること、
背中・腰ではなく、骨盤
あるいは臀部、お尻の外側など。

そして、
仙腸関節がロックしているか
触診での判別も行えます。

仙腸関節の動きの触診方法

では、どのようにして
仙腸関節が詰まり、ロックしているかを触診確認するかというと

まず、うつぶせの姿勢になっていただき
セラピストは骨盤を持ちます

そして横方向に揺らします。

そうすることで
患者さんは仙腸関節あたりの
違和感を感じます。

左右に揺らして
片方の方向に揺らしたとき

動きが重かったり
詰まっている感じがわかります。

セラピストは
仙腸関節の
上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)という
出っ張り部分を触りながらそれを指標に
左右の動き具合で判別できます。

ただ単純に
うつぶせで骨盤、仙骨部分を
上から押さえるだけでも痛みが誘発され
わかります。

仙腸関節が詰まっていると

腰痛になりやすいです。
ぎっくり腰になりやすいです。

なので、仙腸関節が詰まらないように
ロックを外してやります。

それが今回、ご紹介する動画、
「仙腸関節ロック解除」です。

仙腸関節のロックはずし運動その1

ただし、非常に身体が硬い方など
ツラい方は控えてください。

ぎっくり腰でたまらない方は、

無理しないで少しずつ行ってください

あくまでも痛くない範囲で行うようにしてください。

それよりも比較的ライトな運動方法も
ありますので、そちらもやってみてください。

仙腸関節のロックはずし運動その2

こちら↓は、比較的、簡単に
やさしく骨盤の仙腸関節の動きを
引き出すことのできる運動になります。

もちろん、痛みの出ない範囲で
行ってください。

背中を伸ばす運動として
説明していますが、
仙腸関節の可動を引き出す運動にも
なっています。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する