脊柱管狭窄症の手術の成功率・リスクについて

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体

院長の上杉光生です。

腰痛で
脊柱管狭窄症の診断を受ける方がおられます。

そして最近は減ってきてはいますが、
手術適応の診断を受けて手術が必要なのか
悩みながら当院に来院される方もいらっしゃいます。

そこで脊柱管狭窄症の手術はどのようなものなのか、

手術の費用手術の成功率

そして手術のリスクなど

脊柱管狭窄症の手術に関する疑問について
お話していきたいと思います。

脊柱管狭窄症の診断基準とは?

脊柱管狭窄症の診断基準
  1. 殿部から下肢の疼痛やしびれを有する
  2. 殿部から下肢の疼痛やしびれは立位や歩行の持続によって出現あるいは増悪し,前屈や座位保持で軽快する
  3. 歩行で増悪する腰痛は単独であれば除外する
  4. MRIなどの画像で脊柱管や椎間孔の変性狭窄状態が確認され,臨床所見を説明できる

となっておりこれら4項目すべてを満たすことで「脊柱管狭窄症」と診断されることとなります。

脊柱管狭窄症の手術とは?

脊柱管狭窄症の手術には、主に二つ「除圧術」「固定術」があります。

まず除圧術とは、
切開をして椎弓などの骨の一部と
ごつくなっている黄色靭帯などを取り除き
脊柱管を広げながら神経の圧迫を取り除く方法です。

そしてもう一つは
それに加えてさらに上下の骨を癒合する方法です。

一方、固定術は、
脊柱管を広げ神経の圧迫を取り除いた後に、
グラグラして不安定な脊椎間を安定させる目的で骨を移植して
金属やボルトを用いて固定する方法です。

どちらの方法においても、
内視鏡を用いたりして、患者さんにとってなるべく
負担の少ない低侵襲な手術を行う場合があります。

除圧術

切開をして椎弓などの骨の一部とごつくなっている黄色靭帯などを取り除き、脊柱管を広げながら神経の圧迫を取り除く方法 。

固定術

脊柱管を広げ神経の圧迫を取り除いた後に、グラグラして不安定な脊椎間を安定させる目的で骨を移植して金属やボルトを用いて固定する方法です。

脊柱管狭窄症の手術の成功率は?

日本整形外科学会および日本脊椎脊髄病学会監修による
「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン」においては

「手術適応と判断された患者において、罹病期間が長すぎると十分な改善を得られないことがある。」

「安静時の下肢しびれは消失しにくい。」

「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン」


との記載があります。
すなわち手術適応の患者さんにおいて発症期間が長い人は
十分な改善は得られないことがあるとのこと。

そして安静時の下肢のしびれは
手術をしても改善しにくいと言われています。

脊柱管狭窄症の手術を行うことで
症状の改善されるものの、
全員ではなく術後も痺れが残る方もいるという事です。

手術を受けて一旦は症状が改善されたものの
4年から5年の内に再発するという可能性もあると言われています。

脊柱管狭窄症の手術に伴うリスクとは

脊柱管の椎体を切開する際に
神経に損傷を与えた場合に起こる

下肢麻痺、下肢知覚鈍麻、排尿排便障害など。

また創部感染あるいは椎間板に炎症がみられる術後椎間板炎

神経を包んでいる膜(硬膜)の損傷による脊髄液の漏出、
およびこれに引き続き生じる髄膜炎。

創部の血腫形成による
神経麻痺・下肢痛腹部の大血管の損傷による術中の大出血

その他の稀な合併症として
深部静脈血栓症、肺炎などの感染症などが生じることがあります。

固定術においては、
固定するための器具の破損や固定が緩くなって

腰椎がずれてしまったり、

また固定している金属や人工材料に対してのアレルギー反応。

また固定されることによる腰に違和感や、倦怠感
痛みが長い場合は約1年間症状が現れる事もあります。

背骨を固定する事になることによって
腰を曲げたり捻ったりする動作は困難になったりもします。

最近では技術も向上し、
内視鏡を用いたりするなどして
患者さんにとってなるべく負担の少ない低侵襲な手術が行われています。

それによって脊柱管狭窄症の手術で失敗するリスクは
限りなく低くなっていると言えます。

しかし上記のように、
手術をしたら完全に治るというわけではなく、
とくに高齢になってくると体力や回復力など、

思っている以上に完治に時間がかかる可能性もあります。

したがって
手術をする前には医師からの十分な説明を聞いて、
本当に手術が自分にとって必要なのか周囲の人と相談しながら、
セカンドオピニオンで別の病院での診断を仰ぎながら
決定していくと良いでしょう。

脊柱管狭窄症手術の費用はどのくらい?

脊柱管狭窄症の手術は、
内視鏡下手術で20万円から30万円で入院期間は2~7日間。

保険適応外のレーザー治療であれば
30万~50万円かかると言われています。

さらに入院に伴う部屋代や食事代などの実費負担分も追加でかかってきます。

脊柱管狭窄症の手術の前にやっておきたいこと

以前のように
脊柱管狭窄症で手術を行うということは減ってきていますが、
手術される方も少なくありません。

しかし、その前に少しでも改善の可能性があるのであれば、
やっておいてもらいたいことがあります。

それは脊柱管狭窄症を引き起こした原因を特定して
原因そのものを取り除くという事です。

脊柱管狭窄症というのはあくまで結果です。

結果、脊柱管狭窄症になってしまったということです。
じゃあなぜ脊柱管狭窄症になってしまったのか
原因を取り除かない限りは

脊柱管狭窄をそっくりそのまま手術で取り除いたとしても
原因がほったらかしであるため再発、
もしくはまた新たな障害を生む可能性もあります。

そのために、どこに原因があったのか特定します。

そして見つかれば、
可能であれば運動療法で改善させていきます。

椎体の骨と骨のズレによって引き起こされた狭窄や、
椎間板や靭帯といった軟部組織の変形であれば、

運動等によって神経の圧迫を軽減させることは可能です。

適切なその方に必要な運動をすることで
普段動いていなかった部分を動くように誘導したり、
筋への働きかけで姿勢改善を促し身体の傾きを整え、
脊柱管狭窄症の症状を緩和することはできます。

脊柱管狭窄症の手術の前に運動療法

今回は脊柱管狭窄症の手術について
お話しさせていただきましたがいかがだったでしょうか?

脊柱管狭窄症の手術をしても残念ながら完治せず、
再発する患者さんもいらっしゃるため

手術を回避するケースが増えてきています。

そしてその代わりに
運動療法がおこなわれるようになってきています。

高齢の方でも運動を行うことで
脊柱管狭窄症の症状が改善されるという報告があります。

現在は脊柱管狭窄症の治療は
整形外科だけのものではなくなりつつあります。

それは整骨・接骨院、そして
整体院でも脊柱管狭窄症を改善する運動療法を行いますので

手術を決断される前に一声かけてみてはいかがでしょうか?

脊柱管狭窄症に対する当院の治療とは

では、
当院での脊柱管狭窄症に対する治療方法とは
どのようなものが行われているのか説明いたします。

まずは、問診をしっかり時間をかけてとり、
患者さんの生活習慣から
症状を引き起こした背景などを探っていきます。

そして現在、何に悩み何に困ってらっしゃるのか聞いていきます。

そこで痛みの原因を探るとともに、
どのようになりたいのかを聞いていきます。

痛みだけに着目するのではなく、
痛みが取り除くことで何ができるようになりたいのか
患者さんの目標をしっかり設定するところまでお話しします。

それができて初めて
触診や視診をはじめとした検査に臨み、
痛みの根本の原因を探していく作業を行います。

原因が分かったら施術に移りますが、
施術の手法にも様々あると思いますが、

要は原因という的に狙いを定めて
アプローチ出来たら何でも良いと思っています。

したがってどの手技でも構いません、
肝心かなめの原因をしっかり見誤らない施術が最低限の必要な事と思います。

そのなかで、当院は、
畑中式メディカルテーピングを用いた施術により
即効性を出しながら改善を引き出していきます。

脊柱管狭窄症の改善ならゆかい整体

そんなわけでゆかい整体では

脊柱管狭窄症の本格的な治療から
自宅でできるメンテナンス・エクササイズといったアドバイスまでさせていただいていますので、

お気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症以外の腰痛、ヘルニア、すべり症、ぎっくり腰などのお悩みにも対応いたします!

記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する