腕が全く上がらない四十肩・五十肩の施術風景

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体

院長の上杉光生です。

緊急SOSで

腕が動かない!
仕事にならない!

とのことで急遽、四十肩の治療をさせてもらいました。

腕が90度も上げられず
肩が回らない!


とのことでしたが、
畑中式メディカルテーピングで

肩がグルグルまわり腕も上がる様になりました。

では実際のところ
どのようなことをやっていったのかを
今回はお話しさせていただきます。

今回は、
専門的なお話になりますので
治療家さん向けのお話といった内容になります。

まずは
肩甲骨の動きが全くなかったので
胸鎖関節と肩鎖関節の可動性を引き出しました。

すなわち鎖骨と肩甲骨がくっついている関節のところの動き、
可動性を引き出してあげたわけです。

当然ながら、
これだけでは動きは少しだけの改善に留まっていました。

そこから今度は
肩甲骨と胸郭を結ぶ小胸筋にテープを貼り、

より肩甲骨の可動性を促します。

そして腕を上げるときに
烏口腕筋が痛かったので烏口腕筋にも貼りました。

そして後ろで腕を上げるのを邪魔している
小円筋にも貼ります。

これですこしずつ腕が上がりだしましたが、
全然、痛みは引きません。

そこで、僧帽筋下部線維に貼り
肩甲骨の上方回旋を促します。

さらに上方回旋を引き出すために
菱形筋の伸張を促すために菱形筋にも貼ります。

これで腕が前方から上に向けて上がるようになりましたが、
痛みが残っていることと、

肩をぐるぐる回せない状態でした。

特に肩関節の外転時に強く痛みあり、

そこで棘上筋に貼っていくと、
だいぶ肩関節、上腕骨頭の引き込みが
上手にできるようになったのか

痛みが和らぎ肩関節の外転運動も引っかかりがなく
スムーズにできるようになってきました。

まだ
肩甲骨と上腕の動きがスムーズではなかったので、
棘下筋にも貼っていきました。

だいぶ痛みが取れてきて
肩ぐるぐるも出てきているのですがまだ十分とは言えません。

触ると
広背筋の上腕骨付近の硬さがみられていたので
広背筋にも貼り、だいぶ動きが制限が取れてきました。

しかし、
まだ肘を後方に引くときに引っ張られ感があるとのことで、
大胸筋の胸肋部あたりに貼ったところで、
完全に痛み可動性が戻った感じになりました。

原因は特にわからず、
2週間前くらいに寝てて肩回りに違和感を感じていたものの気にも留めず、
今日まで仕事をしていたところ、
今日になって急に腕が上がらなかったそうです。

もし、この状態で病院に行っていたら、
痛み止めの注射とお薬と湿布を処方されて
自然治癒を待つまで治らなかったでしょう。


うちに来てくれてよかったです。

この治療の中で、
肩をもんだり押さえたりはしてません。

全部、テーピングで貼るのみです。
ところどころには筋肉の硬さを緩めるため、
あるいは活性化のためのヒットマッサーで

振動を与えテープの相乗効果をアップさせることなどは行っています。
振動で血流を良くさせるものです。

ちなみにここに来る前に、
職場のスタッフにしっかり揉んでもらったら
やっぱり悪化したそうです。

だから
揉んだり押さえたりして筋肉には良いことなどないのです。

くれぐれも四十肩・五十肩で腕が上がらないからといって、
癒しの揉みほぐし屋さんに行ったならば大変なことになりますので、
くれぐれも気を付けてください。

あくまでも目的が違いますので。

以上になりますが
うちはこのような感じで、
患者さんの筋肉の状態、
骨関節の状態を見ながら
一つ一つひも解くようにしながら治療をしていきますので、

保険診療の10分~15分そこそこの治療ではできません。
だから自費診療になってしまうのです

通り一辺倒のマニュアル通りみたいな治療を
するとこに行くくらいなら、

金額は高くても
しっかり治せるところでちゃんと治した方が時間の無駄になりません。

安い金額でも
週に2・3回も通わされて
電気治療だホットパックだので時間を浪費するほうがよろしいですか?

ってなことを思ったりして。

治療風景

↑ 少し腕が上がりだしたところ

↑ヒットマッサーで筋の活性化を促しています

↑腕がしっかり上がり、
肩もグルグル回せるようになりました。

もし四十肩・五十肩でお悩みなら質問も受け付けています。
お気軽にご相談ください!

記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する