膝が痛い、O脚なのはココが硬いから!?

膝が痛い、O脚なのはココが硬いから!?

こんにちは!

松山市でひざが痛い人を”根本”から改善する整体院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

先日、膝の痛みを訴えて来院された患者様がいます。
紹介で来てくれたのですが

紹介者に連れられてきたときには
膝が痛くて中腰になっているといった状態でした。

年齢は80代の女性です。

わざわざ、遠方の島からフェリーに乗ってきてくれました。

その方は、数十年膝の痛みがあったので
フェリーを使いながら定期的に病院に通院されていたそうです。

そして、病院では何をしてもらっていたか聞くと
ヒアルロン酸注射を毎回、打ってもらっていたとのことです。

毎回、注射してもらっては
2・3日、楽になったような感じでしたが

しばらくしたのちにまたひざの痛みが再発するといったことを
繰り返してきたそうです。

本人は、注射を打てば楽になるし
これしかないと思っていたため

ほぼ毎週、この繰り返しで
しかも数十年!!
繰り返していらっしゃったそうです。

たしかに、いくら注射といえど
楽になるのであれば、それに頼りたくなる気持ちもわかります。

しかし、この記事をご覧いただいている貴方には
ぜひ知っておいてほしいです。

痛みの場所が膝であるから
膝に原因があると思われていますが

急性のケガ、外傷などを除いて
慢性的な膝の痛みの多くの場合は、

膝ではなく、股関節や足に原因があることが
ほとんどだと思っています。

だから、膝に痛みがあるからといって
膝を治療するのではなく

原因の場所を何とかしないといけません。

それが股関節の硬さであったり
足首の硬さであったりします。

それでも痛みがあるからといって

膝に注射って言うのは、
根本原因を見逃してしまっています。

膝の痛みをとることは急務ですが
とりあえず痛みを抑えるだけでは

その場をなんとかやり過ごしているだけなってしまいます。

本人は、痛いからなんとかしたい

それで、痛みがおさまるのであればと注射を受けていたそうです。

しかも、それで処置を済ませられていたそうです。
あとは痛み止めのお薬と湿布のみ。

再び繰り返してしまうことが容易に想像できました。

原因はひざではなくてココです。

原因は膝ではないのであれば
どこなのか?

これまで長年、多くの膝が悪い方を見てきましたが

膝が悪い方というのは
股関節が硬い方が非常に多いように感じます。

いや、多いです。

股関節以外には
足関節の可動性の減少によるものだったり、

はたまた、ひざ関節そのものに原因があることもありますが
多くは股関節です。

私は股関節が柔らかいですよって言われて
開脚ができる方でも

膝が痛む方もいらっしゃいます。

股関節はあらゆる動きができるほどに
可動範囲が広い関節です。

その中でも、
今回、来られた方もそうですが

股関節の外旋筋が硬い!

股関節の外旋筋群
深層外旋六筋に硬い人が非常に多いです。

これらの筋肉の主な働きは
股関節を開くような運動(外旋)をつかさどる筋肉です。

深層外旋六筋とは
梨状筋、上双子筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、下双子筋、大腿方形筋の総称となります。

今回、来られた方も、この股関節外旋筋が硬い方で
膝に負担がかかるようになり

膝の痛みが出るようになったわけですが、

自分にも当てはまるのか
股関節外旋筋が硬くないかチェックしてみましょう。

股関節外旋筋が硬いかチェック



私の股関節外旋筋の場合は、そんなに硬くないと言えるでしょうか。

股関節外旋筋が伸びると
下のように膝が内側に内旋方向にもっていくことができます。

まず床に座ってから

片方の膝を曲げておきます。
この時に少し足を開いておきます。

そして、膝を内側に内旋方向に倒します。

私の場合は、膝がこのように床にギリギリつくほどでした。

しかし、膝が悪い方は、
そして、股関節が硬い方は

ここまで膝を内旋させることが難しいかもしれません。

もし、ここまでが難しい方は
股関節をやわらかくしていくことで

膝の負担が減り
痛みも軽減する可能性が高いので

この股関節の内旋運動を
日頃からやっておくことをお勧めいたします。

30秒~1分程度。
3セットを目安に。

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する