梨状筋症候群の当院の改善方法

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群とはお尻にある梨状筋が硬くなって足にしびれ・痛みを引き起こす症状です。なかには腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症と混同する場合もありますので、しっかり判別しないといけません。

なぜこの梨状筋が硬くなると足がしびれるのかと言いますと、坐骨神経がこの梨状筋の間を通過しており、梨状筋が硬くなることにより坐骨神経が圧迫されるためです。

梨状筋

梨状筋とは

梨状筋とは上記の画像のように骨盤の中から出て、大腿骨大転子の上端に付いている筋肉で、股関節の外旋運動(股関節を外に開く・座って足を開く動作)を担う筋肉です。

坐骨神経が梨状筋の間を通っています。
梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫します。

坐骨神経とは

では、梨状筋に圧迫されている坐骨神経はどのようなものかと言うと、お尻から太ももの裏側、ひざ裏、ふくらはぎ最後は足の裏へとつながっているとても長い神経です。

この坐骨神経が梨状筋に圧迫されることで坐骨神経痛を生じさせています。これを梨状症候群といいます。

梨状筋症候群の症状とは

症状はしびれや痛みですが「ビリビリ感」「鈍痛」「電気が走るような痛み」といった表現をされます。

程度は個人差あり、軽いしびれ・痛みから座っていられないほど、立っていられないもしくは仰向けに寝るのが辛いなどの強いしびれ・痛みまで様々です。そして特定の姿勢によって症状が悪化する場合があります。

また症状の出現場所は、お尻から太ももの裏にかけてが多いですが、坐骨神経がお尻から足の裏までと長いため、ふくらはぎや足先までと様々です。

梨状筋症候群の症状はお尻から足先まで様々。

梨状症候群の原因とは?

梨状筋症候群の原因は梨状筋で、運動のしすぎで梨状筋を酷使していたり、長時間の運転やデスクワークにより梨状筋が伸ばされ伸縮性が乏しくなったりすることによるものがあります。

梨状筋症候群は梨状筋という筋肉が原因であるため、仮に病院に受診してレントゲンを撮ったとしても骨しか映らず、軟骨や靱帯、筋肉などの軟部組織は映らないため、梨状筋症候群の診断はつきにくいです。

もし同様の症状で病院でレントゲン所見において腰椎部分に異常が見られず、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの診断もつかない原因不明と先生に言われたならば梨状筋症候群を疑ってみると良いです。

または整形外科的テストの梨状筋を緊張させ疼痛増強させる誘発テストにて梨状筋症候群の判別もできます↓

股関節の内旋テスト→うつぶせで膝を90度曲げてから足首をもって下腿を外方に倒していくことで臀部と足のしびれの誘発を行うテスト


また、触診で梨状筋を触りながら症状軽減の有無を確認することによって梨状筋症候群の判別もできますので気になる方は、当院にお問い合わせください。

梨状筋症候群の治療方法

改善の方法としては梨状筋はもちろんその周りの筋肉の硬さを緩めていく作業を行っていきます。

しかし、だからといって多くの整体院や接骨院などで行われているような、筋肉を揉んだり押さえたりする行為は、一時的に楽になったように感じるかもしれませんが 、実は筋繊維を壊して脱力感で楽になっているように錯覚しているだけなので、しません。

そうではなく、筋肉の周りの血液やリンパの流れ・循環を良くすることで筋肉を緩めていきます。

当院では、筋肉の周りの血液やリンパの流れ・循環を良くするために畑中式メディカルテーピングヒットマッサーなどを用いて施術をおこなっていきます。

一般的な治療方法としてストレッチも挙げられますが、ストレッチと言っても種類がたくさんあり行うタイミングも大事になってきます。

またブロック注射などの治療を行うことが多いですが、梨状筋であることが分かっていれば緩めるだけなのでわざわざ注射でカラダに穴をあける必要はありません。

注射針で穴をあけるとその空いた穴をふさぐためにより強固に皮膚や皮下組織などなどが修復に固まっていきます。どんどん穴をあけられた後にはどんどん硬くなった組織が出来上がっていきます。そうすると柔らかさは失われていき、より硬い身体に仕上がって緩めたいのに硬くなるという本末転倒なことになります。

どんなにミクロな世界のことであってもそういうことです。人間の身体は修復するときにはより強固にできるものなのです。骨折した後の骨の修復はよりごつくなります。裂傷で切れた皮膚の傷の部分はよりごつく修復されていきます。これらと全く同じことです。

また病院では梨状筋症候群の治療に手術で梨状筋を切開することもあります。はっきり言ってこれは論外です。

ごつくなる傷跡

梨状筋症候群でも多少、動かしていく方が良い

よく腰痛になったら寝て安静にしておくと良いといわれてきましたが、イギリスの医学誌に掲載された論文で

「できる限り通常の日常生活を過ごす」としたグループが最も改善が早く、 「ベッドで安静に過ごす」 としたグループが最も改善が遅かったという研究結果が出ています。

また他の研究においても、よほどの動けない激痛である場合を除いては、安静にしていることが実は改善を遅らせてしまうリスクになりうることが多いとのことです。

筋肉は伸ばして縮めていくことで柔軟性を保つわけで、梨状筋を緩めるために痛みが出ない範囲で、無理ない程度に動かしていくことは当然です。過保護に寝て安静と言うのは良くないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です