かかとの痛みの原因と改善方法

こどものかかとの痛み

かかとの痛みでこんなお悩みはありませんか??

かかとの痛みでこんな悩みありませんか?

かかとの痛みでこんなお悩みはありませんか??

先日、 踵の痛みが治らなくて
病院に受診したところシーバー病(セーバー病)と診断された子供がいらっしゃいました。

病院では

  • 湿布、鎮痛剤
  • 低周波・干渉波・レーザー
  • アイシング
  • インソール、サポーター

をすすめられました。
そして2・3週間の絶対安静を言い渡されて、運動は禁止と言われてしまいました。

病院の先生からは、
踵の骨の成長痛だから安静にしていると良くなりますよ。と言われたそうです。

しかし、一向に痛みはひかず、良くなってくる気配もない。

大好きな部活動もできない子供の辛そうな日々を何とかしてあげたいですよね。

大丈夫です。

このかかとの痛みは適切な治療をすれば、

その場で、痛みは軽減もしくは消失し、早期に改善させることができます。

シーバー病(セーバー病) とは
10歳前後の成長期の男の子に多くみられる病気で、

  • かかとの軽い腫れ
  • 圧痛(押すと痛いこと)
  • 歩行時のかかとの痛み

が症状に出てきます。

かかとの痛みの正体は?

10歳前後の成長期の男の子に多い、

かかとの痛みの正式な名称は、

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう )
またはセーバー病シーバー病と呼ばれています。

かかとの痛み踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)とはどんな病気?

10歳前後の小中学生の成長期の男の子に多いかかとの痛み。

具体的には
踵骨骨端部(かかとの骨の後ろ側でアキレス腱がついている所)が、

アキレス腱に持続的に引っぱられることで、

踵骨(かかとの骨)に血流障害が起こり、
踵骨骨端核(かかとの骨の骨端軟骨より先の部分)の壊死(えし)

または骨軟骨炎を発症する病気です。

踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)とは

そもそも、踵と言われると、踵の骨を思い浮かべますが、

子供の成長期を過ぎるうちは踵の骨の中に骨端核という軟骨が存在しています。

その軟骨は、アキレス腱や足底筋膜などの筋肉に引っ張られるのに弱いため、踵に炎症が起こりやすくなっています。

踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)のレントゲン写真

かかとの痛み踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)の原因は?

なぜこのように症状が起きてしまうのか、

病院の先生からは成長痛だから安静にするようにと言われますが、
果たして成長痛だからかかとに痛みが生じているのでしょうか?

かかとの痛みの原因は成長痛だからではないと考えています。

同じ成長痛というくくりで言われているオスグッド病(膝の前面の痛み)もそうですが、

成長痛であれば多くの子供さんが同じような症状になっていてもおかしくはないはずです。
しかし痛みを訴えない子供さんの方が圧倒的に多いのが現状です。

そして、痛みを訴えている子供さんの多くはある条件をそろえています。

かかとの痛みやすい条件とは?


それはオスグッド病(膝の前面の痛み)もそうですが、

・スポーツ競技におけるジャンプ動作を頻繁におこなう

長時間のランニングで下半身に負荷を与える機会が多い

特にバスケット・サッカーをしている
小学校高学年から中学生の子供に多く見られています。

他にも体操剣道といった素足で行う競技も、
かかとへの負担が大きいためこの症状を発症しています。

したがって成長期のタイミングではありますが、

過度の負荷を下半身、特にかかとに与えていく運動スポーツによって
発症することが多いものと考えられます。

運動によってどうなっている?


身体のふくらはぎの筋肉や足の裏の筋肉が硬くなっていた。

・ふくらはぎのそばを走る足底筋が上手に働いていなかった。

・また足底筋膜によるかかとを引っ張る力が強い

これら負荷が大きくなることによって
結果、かかとに痛みが出ています。

・足底アーチの崩れ

足の指を上手に使えなかったり足裏の機能が上手く機能しないために
かかとへの負荷が大きくなっている場合もあります。

また、
運動に限らず日常の生活習慣も要因に考えられます。

生活習慣の要因とは


立位姿勢のバランスが崩れて重心が前方に乗ってしまっている

足首が硬い

股関節の可動性が乏しい

股関節周囲筋の常に緊張ている

など、踵以外の身体の部位に異常個所がみられたり。

ク○ックスのような足の指を全く使わなくしてしまうような履き物を履いて
足裏の機能を衰えさせてしまったり。

かかとに支障をきたす生活習慣にも目を向けないといけません。

かかとの痛みを改善させる良い方法とは?

いままでのリハビリは

当院に来られた方が、
うちに来る前に通っていた病院で
されていたリハビリの内容はというと

  • 湿布、鎮痛剤
  • 低周波・干渉波・レーザー
  • アイシング
  • インソール、サポーター

先ほどの子供さんも病院で上記のような内容で
リハビリをすすめらてれいました。

そして2・3週間の絶対安静を言い渡されて、
運動は禁止と言われていました。

しかし改善されませんでした。

かかとの痛みが改善しなかった理由とは

まず、湿布・鎮痛剤についてですが、

痛みそのものを抑えるだけの
対症療法になり根本的な治療には至っていません。

痛みを一時的に軽減しながら
自然治癒されるのを待っている状況にすぎません。

痛みの出ている踵まわりを中心に
低周波・干渉波・レーザーといった電気治療

固くなっているふくらはぎの筋肉や足の裏の筋肉を
ストレッチやマッサージをして柔らかくすることも

痛みを抑えているだけであり、

筋肉が硬くなっているのも結果であるから、
いくらそこを緩めてもまた硬くなってしまう可能性が高いです。

サポーターも締め付け・固定になりますので動かされない分、
筋力は低下してしまいます。

運動をやめて絶対安静にして動けなくなれば
筋力低下は免れません。

痛みがなくなり運動再開したとしても
原因は解決していないため再発の危険もあります。

ねんざをしてギプス固定されて、

痛みがなくなったからと、
ギプスを取り外す頃には筋力も落ちて
捻挫しやすい捻挫グセのついた身体になってしまいます。

かかとの痛みにサポーターを付けていても
同様の結果を招く恐れがあります。

痛みの改善に大事なこと

痛みを抑える対症療法や、
かかと周辺の硬くなった筋肉を緩める施術だけでは
まだあと一歩です。

痛みが出てしまう状態を生み出してしまった
原因を考えて

原因に対して施術をしていかなければいけません。

これまでのような対症療法で
安静にしながら痛みを抑える施術では

根本原因の改善にはつながらず、
なかなか症状改善に至らないことが多くなってしまいます。

当院では、
生活習慣から運動の状態を聞きながら、
身体のトータルバランスを見て


痛みの改善だけではなく

根本の原因を取り除くところから見ていきます

子供の症状の状態にもよりますが、
治療は1回から2回の施術で痛みなく歩けるようになります。

そして運動しても痛くならないような身体へと整えていきます。

もし子供が部活やスポーツに熱心に取り組まれているなら、
早期復帰ができるようにお手伝いさせて頂きます。

愛媛県松山市の子供で、
病院や整骨院に行っても改善してこなかった
かかとの痛み、踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)、でお悩みなら、

痛みの早期改善だけでなく、
再発予防、パフォーマンスアップまでサポートさせていただきますので、

お悩みの方は是非、当院までご相談下さい。

かかとの痛み(シーバー病他)への当院の施術法とは

当院の施術法は、


シーバー病用テーピングを行うことで痛みは改善されます。
(あまりにも簡単なので皆さん驚かれます。)

もちろん

固定しません・締め付けません

かかとの痛みへのテーピング
シーバー病用のテーピング

その場でかかとの痛みは消失し運動ができるようになります。

ただし、状態によっては100%の過度の運動は控えてもらうようにしないといけません。
損傷部位に引っ張られる力が加わり、また剥がれかかってしまいます。

絶対安静とは言いませんが治癒するまで無理はしないようにお伝えしています。

テーピング直後から痛みは改善。

その場で変化を体感することができます。

当院は、
シーバー病に固定バンドは使用しません。 
ぐるぐる巻きの締め付けるテーピングはしません。

その代わり、効果的な畑中式メディカルテーピングで施術を行います。



1回目で痛みが消失あるいは軽減します

とある少年サッカー大会中のサポートとして
かかと痛を訴える子供に多く出会いましたが

施術後は痛みは消えて

みんな当日の他の試合に続けて出ることができました。

Q,なぜ当院の施術は早く回復できるのか?

A,根本原因である筋肉にアプローチできるから

シーバー病の痛みの原因は一つは「筋肉の硬さ」にあると考えています。

シーバー病は、かかとの上に付いている
ふくらはぎの筋肉の下腿三頭筋の
過緊張状態、硬さによって引き起こされています。

そこで、当院の畑中式メディカルテーピングによって
硬くなっている筋肉の血行を良くして
問題が起こっている部位の筋繊維を瞬間的に緩めて
正常な状態に戻していきます。

また、うまく使えていなかった足底筋の活性化により
足の指の機能・足底アーチの機能を元に戻す。

そうすることで痛みの原因は解消され痛みも改善することとなります。


電気機械・器具や湿布などの薬剤などはいっさい使わず

ふんわりとテープを貼ることで
硬くなった筋肉の筋繊維の緊張を解いていくので、

痛みはありません。

A,当院の施術は揉んだり押したり叩いたり電気を当てたりしないから

一般的な病院や整骨院・整体院などで行われるような

「揉む」「叩く」「押す」などの施術は行ないません。

なぜなら、これらの行為を受けた筋肉は、
筋反射によって無意識に緊張する防御反応が起こってしまうからです。

防御反応を起こしている筋肉に
そのままアプローチを続けることは
損傷につながってしまいます。

シーバー病の原因が「筋肉の硬さ」とすると、
緩めて正常な筋肉の緊張状態に戻したいはずが、
強く揉んだり、押したり、たたいたり、電気を流す刺激を与えることで

筋肉はかえって緊張を高めて硬くしてしまいます。

しかし、残念ながらこれらの行為で
筋肉がゆるむと考えている人がほとんどです。


筋肉を揉んだり押さえたり叩いたりして
楽になったような気がするのはオフセット鎮痛」の作用のためです。

以下の記事にて「オフセット鎮痛」について説明しています。

A,当院は原因の「原因」も探して解消させるから

シーバー病の原因は
ふくらはぎの硬さ、足底アーチの機能低下などによるものと挙げてきましたが、

では、なぜこれらの原因が引き起こされたのかまで深掘りしていきます。

ふくらはぎを緩めるだけでは完全とは言えません。

ふくらはぎの過緊張を引き起こす原因まで突き止めて、
シーバー病の再発の予防をしていきます。

個人個人のスポーツの内容であったり
生活習慣であったりと千差万別ですが、

ここで当院の特徴である
しっかりとした問診・視診・触診が活きてくることとなります。

他院と当院の違い

ゆかい整体他院
揉む・押さえる・叩くしないする
物理療法(電気・超音波)しないする
サポーターしないする
ストレッチしないする
施術後の運動その場で出来る絶対安静
通院回数1・2回不明

諦めないで

プロの技術でシーバー病の痛みを
根本改善します

すぐに運動復帰ができるようにお手伝いします。

ぜひ一度お気軽にご相談ください!

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆかい整体へ電話する