仰向けで腰が痛く原因と解消方法

夜寝ているときに腰が痛くなる方。

しかも、仰向けに寝ると
腰が痛くなる方に向けてのお話です。

横向きの姿勢では痛みが出ない方で
仰向けの時に腰が痛い方に
読んでいただきたいお話になります。

まず仰向けになった時に
腰が反れていませんか?

腰が反れているのではないかと思います。

腰が反れているという事はどういうことかというと

骨盤が前方向に倒れている状態になります。
骨盤の前傾によって

骨盤の上に付いている
腰椎が通常よりも大きく
前方方向にカーブを描いていることになります。

仰向けに寝たときに
腰椎のところにおおきく隙間ができてしまっています。↓

腰のところに手を入れてみて

隙間が大きくあるようであれば
骨盤の前傾が強いと言えます。

それだけ腰椎の前弯の湾曲が強まり
腰椎の詰まりを生じて痛みを引き起こしてしまいます。

では自分が腰椎が過度に前弯しているのか
骨盤の前傾が強いのかを

判断するのは難しいと思います。

実際に、どうなのか確認する方法として

以下の姿勢をとって楽になるかでわかります。

それが仰向けで両膝を曲げる姿勢です。

この両膝を立てて楽になりましたか?

もしこのポジションでどうなっているかというと

骨盤の前傾が解消され
骨盤が後傾位になっています。

それに伴い腰椎の過度な前弯も減少しています。

もしこの姿勢が楽になったようであれば

もともと反り腰が原因であったという事がわかります。

という事で、

仰向けで腰が痛い方は
膝を立ててみて痛くないかどうかを確認してみましょう!

もし痛くなければ

膝を曲げて寝ましょう。

これは、とりあえず
すぐに痛みを解消させるための
応急処置的な対応になります。


しかし、膝を曲げて寝るのは難しいので

ひざ下に枕やマットクッションを敷いても良いですね。
毛布のたたんだものを

太ももからひざ下にかけて敷く。

こうすることによって
骨盤、腰が反った状態が解消されると思います。

また、仰向けだけでなく
寝てる間には

横向きになって寝ることもあります。

この時にも
腰がねじれて痛みが出る場合には

両膝のあいだに
クッションなどを挟んでおくと

腰のねじれが軽減されて楽になると思います。

しかしこれは先ほども申し上げた通り
これだと、いつまでもクッションが手放せないものです。

体の原因を見つけて根本から解消しましょう。

そのために原因はどこにあるかということになりますが

それが何かというと
股関節の前側の筋肉が硬く縮んでいるという事を疑います。

他にも太ももの前側や外側の筋肉の硬さも
疑われます。

具体的には

大腰筋・腸骨筋といった股関節の前側にある筋肉。

あるいは太ももの前側の大腿四頭筋、
とくに大腿直筋。

そして太ももの外側の
大腿筋膜張筋などが挙げられます。

これらのいずれか
もしくは全部が硬くなることで

骨盤の前傾に引っ張られていて
腰椎の過度な前弯を引き起こしていると
思われます。

したがって、
当院ではこれらの筋肉に対して
テーピングを行いながら緩めていきます。

しかも即効性がありますので
貼ったあとには

仰向けが楽になったと
驚かれています。

もし、仰向けで

腰痛で悩まれている方がいらっしゃいましたら
当院までお越しいただき

実際にビフォーアフターの
改善を体感していただけたらと思います。

そしてテーピングだけでなく
原因になっていたであろう筋肉に対しての

メンテナンス方法
自主訓練運動方法についても

お伝えして
体のクセを変えて改善させていただきます。

本日は以上になります。

LINEでも質問等を受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

宜しくお願い致します。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する