帯状疱疹とは

帯状疱疹は早めの治療が必須です

閲覧注意!当ページは帯状疱疹の鮮明な症例画像が載っています。

当院では

帯状疱疹のあとの後遺症、
帯状疱疹後神経痛の痛みについても施術を行っており

非常に高い改善効果を出しています。

今回はこの帯状疱疹について
取り上げたいと思います。

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは

以前に、

水疱瘡(みずぼうそう)にかかったときの
水疱瘡ウイルスが完全に消滅しないまま

身体の中の神経節に潜んでいて

免疫力が低下した時に
この水疱瘡ウイルスが活性化することにより

身体の左右どちらかに
チクチク・ピリピリとした神経痛の痛み
焼けるような痛み(灼熱感)が出現。

そして数日後に皮膚に
皮疹、水ぶくれといった皮フ症状が出現します。

神経痛と皮膚症状による痛みの両方を伴い
触れるだけでも痛いといった症状を引き起こし

日本では5・6人に一人かかると言われています。

水ぼうそうにかかったことのある方は
だれでも帯状疱疹になってしまう可能性があります。

帯状疱疹

帯状疱疹の原因とは

帯状疱疹は

子供のころにかかる水ぼうそう(水痘)のウイルスと同じと考えてよいです。


水ぼうそうが治癒した後も

この水痘・帯状疱疹ウイルスが、体の中に潜んでいます。
(水ぼうそうウイルスと帯状疱疹ウイルスは同じ。)

どこに隠れているかというと
主に脊髄神経の神経節の部分に潜んでいます。

普段は、ヒトの免疫力で
悪さをすることなくおとなしくしているのでが

神経節におとなしくとどまる水痘・帯状疱疹ウイルス

ひとたび、身体の免疫力が低下した時には


この水痘・帯状疱疹ウイルスが再活性化します。

したがって加齢や疲労、ストレスなどによって
身体の免疫力が低下した時

発症するリスクが高まります。

免疫力低下にてウイルス再活性化

それによって引き起る症状が
帯状疱疹です。

帯状疱疹とは
子供のころにかかった水ぼうそうのウイルスが原因です。

この神経節に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが
再活性化に伴い

神経節から神経をたどって表面上の皮膚に到達した時、
赤い斑点や水ぶくれなど皮膚症状が現れ始めます。

帯状疱疹の初期症状とは

まず、帯状疱疹の症状としては
赤みや水ぶくれといった皮膚症状が挙げられますが

その数日前には、皮膚症状が現れる前の
初期の症状というものがあります。

帯状疱疹の初期症状とは


痒みやチクチクとした神経痛の痛みです。

これが身体の左右のどちらか一方に現れます。

なぜ、身体の一方なのかというと
水痘・帯状疱疹ウイルスが潜んでいるのが
神経節だからです。

脊髄神経から出た神経節はそのまま
左右どちらか一方向に向かって出ているためです。

したがって症状もその神経節から出ている神経をたどって
皮膚までしか現れません。

左右両方に現れるという事はなく
そして、皮膚症状も帯状の形になって表れることから

帯状疱疹と呼ばれています。

帯状疱疹の症状:皮疹

上記の初期症状である
痒みであったり痛みのあとに

赤い皮疹(発疹)が現れます。

上記の初期症状と同じ場所で
身体の左右どちらかで帯状の形に現れます。

帯状疱疹の皮疹紅斑
帯状疱疹の皮疹紅斑

帯状疱疹の水ぶくれ

先ほどの紅斑の皮疹が現れて数日のうちに

同じ場所にて
水ぶくれの水疱(すいほう)ができます。

帯状疱疹
帯状疱疹
帯状疱疹
帯状疱疹

身体の左右どちらかに現れます。
大きさは様々で帯状に連なっています。

帯状疱疹
帯状疱疹

帯状疱疹は手や足、頭にも発症。

上肢から胸背部にかけての出現が多いとされていますが、
手や足、首、頭にも表れることがあります。

手首から手部にかけての帯状疱疹
手指の帯状疱疹
上腕部の帯状疱疹
下腿、ふくらはぎの帯状疱疹

首であったり顔面、頭皮に現れるケースもあります。

帯状疱疹、2週間かけてかさぶたに

帯状疱疹の診断を受けて
病院で適切な治療を受けた上で

水ぶくれができてから約1週間ほどで水ぶくれが破れて
さらに1週間かけてかさぶたになっていきます。

皮膚症状としては
2週間から1カ月程度で治癒していきます。

ただし、症状が重く水ぶくれがひどく膿がたまっていて
なかなかかさぶたにならないケースもあります。

かさぶたになってから、
だいたい3週間から1か月にかけて
皮ふもきれいになっていくとされていますが

症状によっては跡が残る場合もあります。

帯状疱疹の水ぶくれからかさぶたに
帯状疱疹のかさぶた

帯状疱疹は人に移す可能性がありますが

治癒が進み
水ぶくれが枯れて
完全にかさぶたになるまでが

人にうつすかどうかの目安になってきます。

帯状疱疹の治療について

帯状疱疹はウイルスであるため

ウイルスが増殖しないように
重症化させないためにも
早めの治療が必要です。

ではどのような治療を行っていくかというと

  • 痛みを抑える
  • ウイルスをやつける
  • 水ぶくれなどの皮膚症状を改善させる

この3点を目的とした治療を
病院にて段階に合わせて行っていきます。

そのなかでも抗ウイルス薬は
皮膚症状の発疹(ほっしん)が出てからの処方になり、

皮膚症状が出て3日以内に飲み始めると良いです。

50歳以降~高齢者ほど発症リスクが高まり
80歳までに3人に1人が帯状疱疹になると言われています。

治療のほかにも

発症の予防、重症化を防ぐのための
帯状疱疹ワクチンがあります。

重症化を防ぐために
50歳以上の方がワクチン接種の対象となり
帯状疱疹ワクチンが受けられるようになっています。

治癒するまでの期間はどのくらい?

個人差はあるものの一般的に

60歳以下までは1・2週間ほど

60歳以上になってくると1カ月程度
とされています。

しかし一か月以上たっても痛みが取れない方が
中にはいらっしゃいます。そのほとんどが

70~80歳以上の高齢者です。

治すためには病院の皮膚科を受診して
適切な処置を施してもらうことが大事になりますので

水疱が出てきたら
早めに受診をしましょう。

けっして市販の虫刺されなど軟膏・塗り薬で
我流で治そうと考えないように。


かえって治癒を遅らせるどころか
後遺症を残してしまう恐れが出ます。

帯状疱疹後神経痛とは?

帯状疱疹を発症したあと治療を行って
水ぼうそうなどの皮膚症状が

改善しているにもかかわらず、
痛みが持続していて続くもの

これを帯状疱疹後神経痛と言います。

帯状疱疹のウイルスが神経を傷めることがきっかけで
帯状疱疹後神経痛の痛みが出るので、

帯状疱疹にかかった際には、
速やかに治療を始めてウイルスを抑えていかなければなりません。

帯状疱疹の後遺症として
5~20%がかかるといわれています。

60歳以上に多く、
80歳以上の方では3人に1人の割合で発症するとされ、
年齢が高くなるほどに
帯状疱疹後神経痛にかかるリスクが高まっています。

帯状疱疹後神経痛の症状とは

帯状疱疹で出ていた水ぼうそうの皮膚症状と
同じような場所に同じく痛みも継続して出ます。

帯状疱疹の時のように身体の左右どちらか片方に生じて

帯状疱疹の皮膚症状が癒えた後も
数カ月から、長い方で年単位で
帯状疱疹後神経痛に悩まされる方がいます。

痛みの症状として
ピリピリ、チクチク、といった痛みから
痒みやしびれ、そして焼けるような
灼熱感を感じるものまで様々です。


痛みの度合いもちょっとした刺激から
激痛を伴うものまで、様々です。

帯状疱疹後神経痛の予防方法

帯状疱疹のあとの後遺症によるものであるため
帯状疱疹にかかったら

なるべく早めに病院を受診して
重症化しないように治療を進めていくことです。

また、帯状疱疹ワクチンといった
帯状疱疹を予防するワクチンがあります。

帯状疱疹のウイルスに対する免疫を高めるものであるため

帯状疱疹の発症を抑えることができ
また発症しても軽度に症状を抑えられるとされています。

したがって帯状疱疹後神経痛の予防にも
重症かを防ぐためにも

帯状疱疹予防ワクチンは有効です。

なお、この帯状疱疹ワクチンの予防接種は
50歳以上の方には時期を問わず接種を受けることが可能となっています。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する