脊柱管狭窄症で手術、ちょっと待って!

脊柱管狭窄症で手術ちょっとまって

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

 

脊柱管狭窄症の症状を訴えて来院する患者さんが多いですが、

みなさん、病院の整形外科で受診をして
脊柱管狭窄症と診断されたものの

芳しい改善がみられずに
こちらに来院されるケースが多くみられています。

中には脊柱管狭窄症で手術をすすめられた患者様もいれば、
手術をすでに済ませたにもかかわらず

痛みは改善せず痛いままという事で
こちらに来院される患者さんも少なくはありません。

で、手術が必要とまで言われた患者さんが、
うちで整体を受けることで改善するというのは珍しくありません。

そんな脊柱管狭窄症について、
今回は症状から原因、

そして手術にはどういった手術をされているのか、

そして手術を回避できたとしても、
多くの病院やその他の治療院では
どのような治療を受けていくのか、

よくある治療方法についてお話していきながら、

最後は、
手術が必要とまで言われた脊柱管狭窄症に対して、
なぜ当院の施術は、

よそに比べて改善率が非常に高いのかを
お話ししていきたいと思います。

その脊柱管狭窄症、本当に手術で治すしかない?

腰痛になり足にしびれが出るようになって、
病院の整形外科に受診したところ

とても狭窄が目立って神経を圧迫しているから
手術するしかないですよと言われて諦める方が非常に多いです!

本当にその脊柱管狭窄症は
手術でしか治す術はないのでしょうか?

答えは「否」です!

実際に病院の先生に手術をすすめられたけども、

どうしても手術を受けたくない患者さんが
当院にきて
しびれが出なくなったり、腰痛改善したり
といった患者様が多くいらっしゃいます。

では、そもそもその脊柱管狭窄症とは
どのような症状なのか?

まず、あなたの症状が脊柱管狭窄症に当てはまるのか確認してみましょう。

脊柱管狭窄症の症状とは

脊柱管狭窄症を診断された患者さんは、
長く歩くことはできません。

歩けば歩くほどに足のしびれが強くなり、
それ以上に歩くことができなります。

続けて歩けない
※時間は個人差があります。



そして立ち止まって座って休憩するか腰を丸くすると
楽になって再び歩けるようになります。

これの繰り返しを間欠性跛行と言います。

立っている姿勢でお尻から太ももにかけて
さらには足首のほうまでしびれが出て

立つのが辛くなります。

そして少し前かがみになったり、椅子に座ると楽になります。

これらの症状は進行していくと、
しびれが強まり感覚障害を起こすようになります。

足裏の感覚が感じられなくなり
床の感覚が分からずつまづきやすくなったりします。

または排尿障害を生じるケースもあります。

では、なぜ脊柱管狭窄症が起きるのか
医学的な観点から見てみしょう。

脊柱管狭窄症の原因3つのパターン

脊柱管の中を通っている神経がどのように圧迫されるか
その圧迫される場所によって三つに分類されます。

1、馬尾型(ばびがた)

これは脊柱管の中心部分の神経が圧迫される場合を言い。両側の下半身のしびれや痛み、冷感、排尿障害がおきます。

2、神経根型(しんけいこんがた)
馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫される場合を言い。お尻部分から太もも足先にかけての痛みが起きます。だいたいはどちらか片方の下半身に症状が起きます。

3、混合型(こんごうがた)
これは馬尾型と神経根型の両方の症状が起きた症状のことを言います。

脊柱管狭窄症でどのような手術が行われるか?

脊柱管狭窄症の手術には
大きく分けて2つのパターンに分けられます。

一つは除圧術で
脊髄の神経を圧迫しているものを削るなどして
圧迫から解放させてやるものです。
例えば、椎体の骨や靱帯、そして椎間板などです。

そしてもう一つの手術法として
固定する固定術が挙げられます。

これは脊柱管を構成する脊柱が偏位して
ズレていたりしたものに対して

矯正をかけるようにして腰椎などを固定していくものです。

症状において排尿障害・排便障害を起こしている場合、
明らかな下肢筋力の低下あるいは筋委縮がみられている場合は
手術適応と考え手術をすすめると思いますが、

それ以外は手術ありきとしてお勧めはしていません。

手術以外のよくある治療方法(保存療法)とは

病院であればもれなく、

痛み止めのお薬と痛み止めの注射・ブロック注射です。

これは対症療法といいます。
痛みを抑えるだけの治療で、
痛みの原因にアプローチをしないで

ただただ、
痛み止めで痛みを押さえているその間に
患者様の自然治癒力で改善するのを待つというものです。

したがって、痛み止めで改善したという場合は

痛み止めで治ったというよりも
痛み止めで痛みを押さえている間に、

ご自身の体で自然治癒したと言うのが正確であると思います。

  • そのほかには、病院、その他整体などにて
  • ホットパックで腰を温めたり、
  • 電気治療器で腰に電気を当てたり、
  • 牽引して腰を引っ張ったり、
  • 腰を押さえたり、腰をもんだりします

これらは全部、
痛みのある腰にアプローチしています。

もしくは痛みが出ている場所にアプローチしていますが、
これも痛みを抑えるための対症療法で、

根本治療になっていないことが多いです。

こういった治療が、
いまでも平気で行われおり、

週に2・3回通院させながら
平気で1年以上かかっています。

それで治らない方が、実際に当院に来られています。

脊柱管狭窄症に対する当院の施術方法とは

では、
当院での脊柱管狭窄症に対する施術方法とは
どのようなものか説明いたします。

まずは、しっかり時間をかけてカウンセリングをおこないます。

患者様の生活習慣から
症状を引き起こした背景などを探っていきます。

そして現在、何に悩み何に困ってらっしゃるのか聞いていきます。

カウンセリングでしっかり情報収集

そこで痛みの原因を探るとともに、
どのようになりたいのかを聞いていきます。

痛みだけに着目するのではなく、
痛みが取り除くことで何ができるようになりたいのか
患者さんの目標をしっかり設定するところまでお話しします。

それができて初めて
触診や視診をはじめとした検査に臨み、

痛みの根本の原因を探していく作業を行います。

原因が分かったら施術に移ります。

施術の手法にも様々あると思いますが、

要は原因という的(まと)に狙いを定めて
アプローチ出来たら7~8割終わったと思っています。

したがってどの手技でも構いません、

肝心かなめの原因をしっかり見誤らないことが
最低限、必要な事だと思います。

そうしたなかで、
当院は、畑中式メディカルテーピングを用いた施術を行っていきます。

 

脊柱管狭窄症の改善ならゆかい整体

そんなわけでゆかい整体では

脊柱管狭窄症の本格的な治療から

自宅でできるメンテナンス・エクササイズのアドバイスまで
させていただいていますので、お気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症以外の腰痛、ヘルニア、すべり症、ぎっくり腰などのお悩みにも対応いたします!

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

筆者
筆者

ゆかい整体
院長 上杉光生

”原因が、
痛みの場所以外にもあります”

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する