膝が痛い。ひざの水を抜くべきか

皆さんこんにちは愛媛県松山市の整体院
ゆかい整体の上杉光生です

今日は膝が痛い時
膝に水が溜まった場合

水を抜いていいのかどうか、
抜くべきかどうかについてお話ししたいと思います

膝に水が溜まってるので

よく膝の水を抜きに病院に行くかた
多いと思うんですけども

この膝の水を抜いて痛みを取るっていうのでは
なかなか根本的に改善するのは難しいです

膝の水が溜まるのはですね
何か原因があって
膝に水が溜まってるんですよね?

それは炎症が起こってるので
膝に水が溜まってるんですね

膝の水で
炎症を抑えるように働きかけてるんですけども

その炎症はなぜ起こってるのか

そこら辺を見ていかないと
膝の水を抜いただけでは

炎症は治りませんので
また膝に水が溜まるんですよね

炎症が治らない限りは
膝の水もたまりやすくなりますので。

また膝が痛い。で、炎症が起こって、
また膝に水が溜まって

水抜くんだけども
また膝が痛いままで水も溜まっていくと

これの繰り返しになろうかと思います

なので膝が痛いから
膝の水を抜くんではなくてまず、

その膝の水は置いといてですね

膝の水はそのまま置いとってもですね
別に害がありません

用が済んだらですね
膝の水も吸収されます。
そのまま静かに消えてなくなりますので

とりあえずはですね

その膝の痛みの原因を
炎症を消すことを
最優先に働きかけないといけないと思います

なので膝が痛くて
水が溜まったとしてもまずはですね

その膝の水は置いといて
痛みを取り除く作業をしていただくと

これがですね
大事なポイントになるかと思います

ですので
膝の痛みの原因はどこにあるのか

ということになると
その方の日常生活のパターンだったり

あるいは体型だったり色々な要因がありますので

人それぞれ原因もたくさんあります。

そこは見極めていかないといけないかなと思います

例えば股関節が硬くてですね
股関節が動いてないので

膝が無理に動かすことになって
炎症を起こしてたりとか

あるいは足首が硬くて
膝に負担がかかってるとか

もしくはですね体重が増えてしまって

その膝への荷重、重さの負荷がかかりすぎて
膝が痛んでしまってるのかどうか

あるいはスポーツ運動していての
膝の負担がかかってしまったとか

いろいろあります。

ですのでもしですね、今
あなたがその膝に水が溜まってたとして

膝が痛い場合はですね
何らかの原因を見つけないといけないので

まずは病院にかかっていただいて
膝の状態も確認して

どのように治療していたらいいのかを
ご相談していていただいたらと
思うんですけども、

それでももし改善しない場合はですね

当院にお越しいただけたらと思います。

ということで

今日は膝が痛い時の膝の痛み

水を抜くべきかどうかについて

お話しさせていただきました

またこのような感じで

記事を送らせていただきますので

良かったなと思いましたら

お気に入り登録の方も

よろしくお願いいたします

またLINE等でもですね
質問等も受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせいただけたらと思います

ということで今日は以上になります

ブログをご覧頂きまして

誠にありがとうございました

動画はコチラ↓

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する