オスグッド病の初期症状とは?

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

今日はオスグット病の初期症状について
お話ししたいと思います

これもしかしてオスグッドかな?
ていう症状を

これからあげる症状を聞いてもらって
あてはまるようでしたら

もしかしたらオスグッドかもしれませんので
ちょっと気にかけていただけたらと
思うんですけども

まずですね
オスグッドのこの症状がどこに現れるか
ということなんですけども

これはですね

お皿の下、膝のお皿の下ですね


ですのでこのお皿があります
お皿の下に
ピーンと一本の腱が走ってますよね

この腱の先についてるのが
この下腿骨の骨の出っ張り
ここにですね
この膝蓋腱という腱がくっついてるんですけども

オスグッドの初期症状として

ここにですね違和感や痛み


これが初期症状になろうかと思うんですけども

これらの症状が進んで行くと
ここが腫れて行ったり

出っ張っていったり
痛みがひどくなっていたりします

この先ほど
あの説明した場所にですね

違和感や痛みが出るということで

例えばですね
膝の曲げ伸ばし、しゃがんだり立つ時にですね
ここがですね
引っ張られて痛みが出たりします

他は自転車をこぐ、この自転車を漕ぐ時には
この太ももの前の筋肉を使いますので

それで自転車をこぐとですね
先ほどの脛骨粗面についてた腱がですね

剥がれかかろうとしてるところがですね
引っ張られて痛みが出ますので

自転車の漕いでる時に痛みが出たりとか、

あとはですね
階段の上り下り、階段の上り下りにも
この太ももの前の筋肉使ってますので
その時にですね

先ほどと同じ場所に痛み
違和感が出たりします

あとは運動・スポーツをしてる時の方の
例えばジャンプするような
スポーツですね

バスケットだったりバレーだったり
あるいは陸上の跳躍をするような競技で
走り幅跳びだったり高跳びだったり

あるいは陸上、長距離
短距離、走ったりするような競技も
そうですねあるいは

蹴る動作、これも蹴る時っていうのは
太ももの前の筋肉を使ってますので

例えばサッカーとか
あるいは空手とか蹴る動作をする時
なんかにもやはり

先ほどの脛骨粗面の所の痛み
違和感がでます

またはですね
運動の時のストレッチで
足の方のストレッチで
この太ももの前の筋肉を伸ばす
ストレッチをする時にも
この痛みが出る場合があります

もちろんこれはやっぱり引っ張られて
痛みが出る症状なので
それをさらにストレッチしてしまうことで
痛みを引き起こして
しまう場合がありますので

こういった場合にも
出やすくなりますよね

この脛骨粗面、出っ張ったところがですね
症状がもうちょっと進行していくと

だんだん出っ張ってきます
さらに出っ張りがひどくなってきますので

症状が進行してくると
そこが出っ張ってきて
あるいは炎症を起こしてますので

熱感ちょっと熱くなってたりとか
そんなことも出てくるかと思います

ひどくなるとそこが腫れてきたりもします
このような感じの症状
初期症状としてあげられるんですけども

これが進行していくと
どんどんひどくなって
動きが制限されて

運動もしづらくなっていたりとか
歩きづらくなったり

もうしゃがめなくなったり
とかっていう風なことに
進んでいきます

ということで

もしこのような症状
初期症状があらわれた場合はですね

早め早めに処置をすると
はやく症状も改善しますので

気になるような場合は是非、
早めに病院なり施術を受けていただいたら
いいんじゃないかなと思います

ということで今日は以上になります

またこのような感じで

動画を送らせていただきますので

よかったらチャンネル登録をお願いします

LINEで質問等も受け付けておりますので

よかったらお気軽にお問い合わせいただけたら

と思います

今日は以上です

本日も動画をご覧頂きまして

誠にありがとうございました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する