ひざの内側の痛みの原因 内側広筋

皆さんこんにちは!

愛媛県松山市の整体院
ゆかい整体 の上杉光生です。

今日は膝の痛み

膝の内側、ふくらはぎ太もも太ももの内側

あるいは膝の内側あたりにですね

痛みが出るかたの原因について
お話ししたいと思います

膝の内側に痛みが出るのはですね

いくつかあの原因はあるんですけども

そのうちの一つにですね

太ももの前の筋肉
大腿四頭筋があるんですけども

この大腿四頭筋の一つである

内側広筋

内側広筋の硬さからくる
膝の痛みがある場合があるんですけども

内側広筋というのはですね
大腿四頭筋の四つの筋肉の大腿直筋と
中間広筋と外側広筋
そして内側に付いてる

内側広筋があるんですけども

この内側広筋の筋肉のそのものの張り
硬さから来る痛みというのがあります

ですので

この内側広筋を緩めていくことで
膝の内側の痛みていうのが
和らぎます

ですので

今日は内側広筋をゆるめる運動

セルフメンテナンスをしていただいて

膝の内側の痛みを
取り除けれたらなと思います

では早速やってみましょう

そしたらですね

早速この内側広筋なんですけども

どこに付いてるかと言いますと

膝を伸ばしてもらってこのお皿のですね
内側の辺りなんですけど

ひざをぐーっと伸ばすように
力を入れてもらいましたら

ここに内側に盛り上がる筋肉
この盛り上がってる筋肉。ここがですね

内側広筋になりますね

こっから股関節に向けて走ってるんですけども

もし痛みがこの辺にある方はですね
この内側広筋そのものの硬さが原因
と言えそうです。ですのでここをですね

ゆっくり緩めていくことを今からやってみます

これはですね

親指両手でですね軽くこの内側広筋の

ところですね

ゆっくり押して行きます

これもですね

グッグッと揉んだりするのは
筋肉をかえって痛めてしまいます
ので

これはしません

グッグッと押さえないで揉まないで

ただただですね
この親指両親指で
ゆーっくり押していくだけです

これはですね

2・30秒ずつゆっくり押さえて行くんですけど
ゆーっくり押さえるだけですね

ゆっくり押さえます。これもですね
あの基本はその温もった後

体があったまった後に押さえていくと
緩みやすいのでお風呂上がりだったり
運動した後の体があったまった時にこの
クールダウンとして行ってもいいし

これでやって行ってもらうと

より筋肉が緩みやすくなりますので

できたらね

あったまった後で行ってみてください

ここを押さえて
もしその膝の内側が痛みが消えたらですね

ここを継続的に

セルフマッサージして行くということですね

あの間違ってもですね

痛みが出るくらいまでは押さえないで
痛みが出ない範囲で

ゆっくりやさしくやっていてください

ということですね。

ということで

今日は膝の内側にある痛みをですね
取り除くセルフメンテナンス
の方法について

お話をさせていただきました

また膝の内側の痛みって言いますのは

内側広筋に限らずですね

縫工筋であったり

色々その他の原因もありますので

それは追ってお話しさせていただけたら
と思いますので

もしあのよかったなと思いましたら

お気に入り登録の方を

よろしくお願いいたします

また質問等もですね
LINEでも受け付けておりますので

よかったらお気軽にお問い合わせいただけたら
と思います ということで

本日は以上です

ご覧いただきまして

誠にありがとうございました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する