坐骨神経痛の原因は腰じゃないかも?

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

「坐骨神経痛と病院の先生に言われました。」

腰痛に足のしびれの悩みで来られた患者様に
カウンセリングを行ったところ

上記のような声をいただきました。
腰の痛み・シビレの原因を坐骨神経痛と聞いてやってくる患者さんがおられます。

お医者様から、
腰椎椎間板ヘルニアもしくは腰部脊柱管狭窄症により
坐骨神経を圧迫しているからですよと説明をされているのですが、

患者様に
「その腰のしびれはどこから出てますか?」

と尋ねると、
「お尻のほうから太ももの裏にかけてです。」

と言われます。

しかし病院では、
痺れの原因は腰からと断定されているので

病院でのリハビリは

腰に電気を当てたり
腰にホットパックを当てたり
腰を揉んだり押さえたり


といった
内容であったと聞きます。

もし、仮に腰椎の圧迫によるものだとしたら
腰椎部分のところからシビレ・痛みがでてもおかしくないはずですが、

それを飛び越えてお尻のところからしびれているということは
そこになにかエラーが起きていると考えるのが妥当ではないでしょうか。

本当のしびれの原因は腰ではない?

では、坐骨神経痛のしびれの原因が腰ではないとなると
原因はどこにあるのかと言うと

お尻にある筋肉の梨状筋(りじょうきん)です。

このようにお尻を横断しているのがわかるかと思いますが
坐骨神経はこの梨状筋の下をくぐって足先まで通っていいます。

坐骨神経・梨状筋

ちょうど梨状筋と坐骨神経が交わる部分があり
この梨状筋が固くなってしまうことで
坐骨神経を圧迫していることがよくあります。

そして痺れが出てしまうことを
梨状筋症候群といいます。

なので、腰に原因を求めるのではなく
上記のようにお尻から足先にかけてのしびれがあった場合には

まず梨状筋の硬さを疑い触診をします。

触ってみると梨状筋のところが硬くなっているのがわかりますし
患者様も、押さえられて梨状筋が硬くなっているのが
はっきりと実感できます。

また、この梨状筋を押さえているうちに
しびれが不思議と軽減もしくは消失されていくのも
実感できます。

こうして原因の場所を特定出来たら
どのように施術していくかと言うと

坐骨神経における当院の施術

当院の場合は

畑中式メディカルテーピング

を活用します!
これを行うことでその場で梨状筋を緩めることができて、
症状もすぐに緩和されます。

梨状筋テープのほかに中殿筋・大殿筋テープ。

坐骨神経痛の多くはこの梨状筋症候群だったり
することが多いように感じます。

坐骨神経痛でも
梨状筋症候群であれば、原理はとても簡単なので

発症から間もなければ
改善も早く済みます。

なので、病院の先生に
坐骨神経痛と診断されたなら、

原因が本当にそこ(腰部)なのか、
すこし疑ってみていくとよいかもしれません。

坐骨神経痛だからといって
腰部にブロック注射をうたれたり
電気・ホットパックされるっていうのは

ちょっと的から外れているように感じざるを得ません。

本日も最後までブログを読んでいただき
本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する