ランニングのすねの外側の痛みの取り方 

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

今日はランニングで膝が痛い方

マラソン、ランニングですねが痛い方

すねと言いますか、すねの外側の痛み

ここが痛い方、

この骨の外側が痛い方、の痛みの治し方
自分でできるセルフケアの方法について

お話ししたいと思います

これはですね

まずどこが痛くなってるのかと言いますと

この前脛骨筋 今出てるこの絵のですね
筋肉なんですけども

前脛骨筋
前脛骨筋

この前脛骨筋という筋肉と

あともう一つが総指伸筋

総指伸筋

総指伸筋。この2つがですね

もしかしたら
硬くなって痛みを出してるかもしれません

前脛骨筋と総指伸筋っていうのは
足のつま先を上げる筋肉ですね

足を上げる筋肉なんですけども

ここが使われすぎて
痛みが出てるのかもしれません

もしくはですね

走り方ですね。かかとをつけるときとか
振り出すときのこの足首の使い方によって

硬くなってる場合もあるんですけど

とりあえずはですね

この硬くなった前脛骨筋と総指伸筋を
緩めるセルフケアについて

今日はご説明したいと思います

この痛みが出てる場所
ここである場合なんですよね

ここがこの前脛骨筋と

その横にですね

総指伸筋っていう細長い筋肉が

足の方まで繋がってます。これが

ですね、つま先を上げる運動
をやってくれてるんですけども

ここが硬くなってるんだと思います

これをですね緩めさせてもらうんですけども

まずですね座っていただいて

つま先の上げ下げ、
左右のつま先をそれぞれ上げて頂いて

重い側をまずやってみましょうか

こっちがちょっと重い感じがしますので
こちらをちょっとやってみますね

まずこのすねのですね

脛骨って骨がありまして
脛骨の外側ですね

前脛骨筋 総指伸筋

前脛骨筋と総指伸筋が走ってますので

これをですね

まずこの脛骨の外側をですね軽く皮膚をつまんであげてください

こんな感じでこの脛骨の横からですね
皮膚をつまんであげます

つまんでちょっと軽く引っ張り上げるような感じですね

これは痛みが出るくらい強くしなくていいので

要はこの筋肉とその皮膚この間の隙間をちょっと作ってあげるような感じですよね

筋肉と皮膚の間をちょっと開けるように

これ何してるかというとですねこの筋肉と筋膜と皮ふといろんな層があるんですけども

ここをですね滑り、滑りを良くしてあげるように皮ふを浮かしてあげてます

これでですね先ほどのつま先を上げた時のこの軽さですよね

これでつま先上げてもらうと軽くなってます

これが一つですね

つま先が上がりやすくなりますので軽くでいいので
全然、強くしなくて構いません

軽くこれがひとつですねもう軽くなってます。
実感できると思います

こちらとこちらの左右差で分かると思いますので

今度はですね押さえるのは
前脛骨筋、この辺りにありますので

前脛骨筋 総指伸筋

これをですね

楽な姿勢な姿勢でゆっくりですね
両方の指でクーっとゆっくり押し込みますね

この時ですねあのグリグリしませんグリグリしません

これをするとちょっと筋肉痛めやすくなりますので

やるとしたらですね

ゆっくりじわーっと中に押し込む で、
これで2,30秒ゆっくり止めとくだけですね

これを繰り返します下まで、中には筋腹の一番盛り上がったところ

その人によって違うんですけども痛気持ちいいところがあると思うんですけどもそこもですね

あの決して痛くないように、痛気持ちいいところで止めておいてください

つま先も軽くおろしておいてくださいね

決して力が入らない状態でやっていただくんですけども、

今度はですね

軽く軽くですね軽く押さえたままつま先を上げ下げします

あともう一つがですね、ここのふくらはぎ。
ここもですね、ちょっと指でつまんであげます

痛いのはすねの外側なのに
何故、このふくらはぎを引っ張るのかと言いますとですね

このつま先を上げる時に、ここ(ふくらはぎ)が伸びないといけないんですよね

つま先をあげる時にこの前脛骨筋の筋肉が働いて縮むんですけども、この反対側はですね

逆に伸びてます。ですのでここのふくらはぎの筋肉、皮膚が伸びやすいように

こうやってふくらはぎですね、ふくらはぎの皮膚を引っ張ってあげてください

ふくらはぎ全体をですね、つまんで皮膚を脂肪も一緒につまんでもらって構いませんので

これでつまんであげることで、よりですねつま先が上がりやすくなります。軽くなってると思うんですけども

左右差を比べてもらって

アプローチしたの方がすごく軽くなってますよね

ですのでやるべきはですねこの前脛骨筋・総指伸筋の皮膚、筋肉を緩めてあげるのと

この伸びないといけないふくらはぎの腓腹筋ヒラメ筋があるんですけども

ここの上についてる皮膚もつまんでほぐしてあげると足首が軽くなって負担が減ることでここの負担も取れるという風なことになりますので

これを是非やってみてください

ということで

今日はランニング、おすねのケアの仕方についてお話をさせていただきました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する