脊柱管狭窄症の当院の改善方法

脊柱管狭窄症とは

脊柱管とは

脊柱管(せきちゅうかん)とは椎体という背骨が連なってできているトンネル状の管のことを言います。脊柱管の中には頭部からの脊髄神経が通っており、上から頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個の菅を通って仙骨へ通り抜けていきます。また腰椎部では脊髄神経は筆の先のような束状になっている馬尾神経から神経根となって横から分かれて出ています。図(背骨)の黄色いところが脊柱管です。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、脊髄神経の後方にある黄色靭帯の肥厚であったり、椎間関節の変形、椎体同士のズレ、椎体と椎体の間にある椎間板が飛び出る腰椎椎間板ヘルニアになったりすることで脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されてしびれや痛みの症状が出ることを言います。

原因の多くは加齢によるもので高齢者に多くなっていきます。

なお、脊柱管狭窄症は2つのタイプに分けることができ一つは加齢によって脊柱管が狭くなる腰部脊柱管狭窄症タイプ、そしてもう一つが椎体がずれることによって脊柱管が狭くなるすべり症タイプの2つです。

腰部脊柱管狭窄症の症状とは

脊柱管狭窄症は頚椎と腰椎に多く発症しています。

頚椎による脊柱管狭窄症の場合は、手足のしびれや運動障害が出てきます。例えば、 字が書きにくくなる。食事の際のお箸が使いにくいといった手指の動きの症状に加えて、歩きにくいといった足の症状も出現します。

腰椎の脊柱管狭窄症においては、腰椎の狭窄部より下、下肢の痛み・しびれが出現します。

また特徴としては、しばらく歩くとお尻や足先にかけて痛み・しびれが出て、座ったりかがんだりと身体を丸くして休むと楽になり、また歩き始めると再び痛み・しびれが出てくるようになるといった、間欠跛行(かんけつはこう)と呼ばれる症状があります。

ひどくなると長い距離を歩けなくなり、歩いては休んでの繰り返しになります。そして、さらに症状が進むと常時、しびれ・痛みが出現、膀胱直腸及び排尿障害、排便障害に至ります。 そして下肢の筋力低下とともに下肢の筋肉はやせてしまいます。

一般的な脊柱管狭窄症の治療方法

基本的には薬の服用やブロック注射といった保存療法で数カ月。また物理療法・理学療法などが行われます。しかし、痛みがひどくてコントロールできない場合や膀胱や直腸及び排尿・排便障害がある場合には手術が適応されるようになります。

当院での脊柱管狭窄症の治療方法

まず時間をとってカウンセリングをしながら痛みの原因を探すのですが、痛み・しびれが出ている場所というのは、なにか原因があっての結果(=痛み・しびれ)である為、痛みを引き起こす原因がどこにあるかを探します。

腰椎脊柱管狭窄症においては腰椎部の脊柱管の狭窄による神経圧迫ですが、 これも原因があっての結果(=腰椎部の神経圧迫による痛み・しびれ)である為、この結果を引き起こす原因がどこにあるかを探します。そして原因のほとんどは生活習慣にある。これがほとんどであるといえます。

これら原因をカウンセリングでお話を聞きながら見つけていくこととなります。

痛み・しびれの直接の原因が、脊柱管の狭窄とした場合、狭まった脊柱管を戻していくのはもちろんですが、根本の原因から改善していくためには生活習慣から変えていかないといけません。脊柱管が狭窄しやすくなっている身体を整え、ふたたび狭窄状態に戻らないように予防もしていく必要があります。

しかし今、痛み・しびれで大変な思いをしているのに生活習慣を変えろといっても時間がかかります。今、出ている痛みやしびれを何とかしたいがために来院されているので、これらの症状を軽減させることから始めます。

しかし、だからといって多くの整体院や接骨院などで行われているような、痛いところやその周りの筋肉を揉んだり押さえたりする行為は、一時的に楽になったように感じるかもしれませんが 、実は筋繊維を壊して脱力感で楽になっているように錯覚しているだけなので、本当に緩んでいるとは言えません。

そうではなく、すぐに筋肉をゆるめるためには筋肉にも供給されている血液やリンパといった体液の流れ・循環を良くすることです。

通常、筋肉は身体を動かし筋肉を収縮・弛緩(伸びたり縮んだり)させることで循環が良くなり筋肉は緩んでいき柔らかくなっていきます。

普通は筋肉を働かせていきながら柔らかくしていくのですが、それも時間がかかるため当院では、畑中式メディカルテーピングなどを用いて施術をおこなっていきます。

畑中式メディカルテーピングで脊柱管狭窄症を改善

当院ではテーピングといっても引っ張って貼ったり締め付けたり固定をするような貼り方ではなく独特な貼り方をします。それにより循環が良くなり血流量が増え酸素と栄養、リンパ液が行きわたり筋肉が緩まるようになります。

逆に引っ張ったり締め付けたり固定するような貼り方をしていては、かえって筋肉への循環が阻害されてしまい筋肉はやせ衰えてしまいますので厳禁です。

※ちなみに湿布とは異なりテープ自体に薬剤は入っていません。ただの伸縮性のあるテープでありこの伸縮性を利用した施術で行っています。

ただ、この畑中式メディカルテーピングが他のテーピングやコルセットと大きく異なるのは、ターゲットとなっている筋肉の自然治癒・回復を促進させているという事です。他のように補助をしているわけではないので筋肉が痩せ衰えていくことはありません。

よく、コルセットサポーターをつけていると筋力が落ちてやせ衰えていく現象がみられますが、それは筋肉の働きをこれら コルセットやサポーター が代わりに行うためです。サポーターやコルセットを使えば使うほど、筋肉は動き働く機会を失うので、ますますやせ衰えてしまうのです。

畑中式メディカルテーピングは、筋肉の血流を促進させ本来のあるべき筋肉に戻すだけでなく、適切な運動も併用していくことで、より安定した筋肉へ戻していくことができます。

しかし、ただ貼るだけではなくターゲットとなる筋肉が緩みチカラが発揮できるようになっているかを身体を動かしてもらって検査も行います。

筋肉を緩める方法:その他

当院では、クリームを塗った後にテープを貼っていくのですが 、このクリームもテープ同様に筋肉を瞬時に緩める効果が出るもので、肩こりや筋肉痛などにとても効果が出ています。

気になる方は声かけていただき、試しに塗っていただくとその効果を実感できると思います。

また、ヒットマッサーで振動を与えていきながら緩めることもできます。

腰椎同士の詰まりで動きが出ていなかったり、ズレが生じている場合においてもアクチベーターを使用し、修正していきます。

その他にも、自動運動など様々な方法で緩めることは出来ますが、あくまで原因である筋肉、椎体などターゲットを見誤らないことが肝心です。

原因を生じさせないための運動を

痛みやしびれが生じる原因が痛みやしびれが出ている以外の他の場所にもあるという事が分かったわけですが、これらの原因が再発しないためにも生活習慣を変えていく必要があります。

しかし、その生活習慣が、仕事上の長時間の同じ姿勢であったり、日常生活での繰り返しの作業であったり、どうしても避けられないことがほとんどであったりします。

そのような場合はこれらの生活習慣は続けながらも原因が再発されないような運動を新たにしていく必要があります。例えば原因になっていた筋肉が再び硬くならないようにする運動をおこなうなど。

そこで、その人その人の身体・生活習慣にあわせた運動を進めていく必要があります。

このような運動も当院では一緒に行っていきながら、痛みを取り除くだけでなく痛みが再び出にくい身体づくりをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です