坐骨神経痛になった時の楽な寝方とは?

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体

院長の上杉光生です。

腰からお尻そして足にかけての
痛み・しびれを伴う坐骨神経痛は
とても辛いものですが、

日中だけでなく就寝時にも
痛み・しびれが襲ってくることもあります。

夜の間だからと待ってはくれません。
昼夜を問わずやってきます。

そんな坐骨神経痛に症状に対して、
せめて就寝時のときはなんとか楽な姿勢で寝たいものですよね。

そんな坐骨神経痛の痛み・しびれを
やわらげて体を楽にしてくれる寝方がありますので、

坐骨神経痛の時の寝方についてをお話します。

坐骨神経痛になった時には横向きに寝るのがベスト

坐骨神経痛で痛いときには、
横向きになって寝るのがおすすめといえます。

寝てしまえば腰に体重がかからないため、
負担がかからず楽に思えるのですが、
寝ているときにも腰が痛むという訴えは
非常に多いです。

寝ているときの痛みで最も多いのが、

仰向けで全身・脚を伸ばした状態の痛みです。

このまっすぐの姿勢は脚が伸びており
骨盤が前に引っ張られている状態となっています。

その結果腰椎が前弯し痛みを引き起こしてしまいます。

ですので、
どうしてもあおむけの状態で寝る場合であれば、

膝の下にクッションなどを入れて
膝関節を軽く曲げるか、

横向きに寝て少し身体を丸まって
寝転がると楽に寝られるようになります。

横向きで寝ることにより、
痛みがある側の腰や下半身が
上にくるので負担が少ないということ、

また横向きであれば
身体全体そして足腰の動きが容易になるという事で、
仰向けに寝る姿勢よりは
腰への負担も少なく痛みの誘発も少なくて済みます。

横向きで身体の曲げ伸ばしが容易にできれば、
眠っているとき腰への負担や痛みを感じたとしても、
腰への負担の少ないあるいは
痛みが少ない姿勢に動かしやすくなります。

坐骨神経痛の時の良い寝方とは

ただし絶対的に横向きが良いかというと
そうではなく、

仰向けに寝るときに比べて
横向きに寝た場合、

腰への負担は減っても
臀部への圧迫によって坐骨神経痛が
ひどくなることがあります。

また腰椎部分がしなったりすることにより
坐骨神経痛が引き起こされる場合もあります。

この場合には
腰の側方のくぼんだところに
隙間を埋めるようにタオルケットのたたんだものを
入れると良いでしょう。

また臀部の圧迫を
少しでも和らげるために
横向きで上側にある大腿(太もも)を前に曲げて
タオルケットを敷いた上に置いてみたり、

太ももの間にクッションを挟むなどして、
片足を支えてくれると
腰への負担・臀部への圧迫が少なくなります。

また体幹はまっすぐではなく
少し腰を曲げて膝を折る程度の丸まり方で、
腰にへの負担がかからずに
楽に姿勢をとることができます。

また痛みの出やすさに合わせて
腰や膝の角度を調整できますので、
ご自身にとって楽に眠れる姿勢を
探していくことができます。

坐骨神経痛に仰向けやうつぶせは?

仰向けで寝たとき
脚を伸ばしたまっすぐの姿勢は
骨盤が前に引っ張られている状態となっています。

その結果、
骨盤前傾し腰椎が前弯し
痛みを引き起こしてしまいます。

また、うつぶせになると
仰向けの時よりもさらに
背中が反るような形になってしまうため
腰への負担が大きくなります。

この時に顔を横に向けることで
背骨をひねることになり、
痛みが大きくなってしまう可能性もあります。

どうしてもうつ伏せでないと寝つきが悪いという方は、
お腹の下にクッションやタオルケットを入れると
腰が反り過ぎないようになりますので
良いかと思います。

また、片方の膝を曲げて横に出して寝ることも、
腰を反らし過ぎてしまうのを防ぐことができます。

短時間の仰向けやうつぶせは
大丈夫かもしれませんが
長時間同じ姿勢は控えたほうがよさそうです。

坐骨神経痛になった時、
寝るときにはクッションもしくは
タオルケットを用意して、

寝る姿勢に合わせて挟めるようにしておくことで
より良質な睡眠をとることができそうです。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する