病院でオスグッド病と診断されたがどんな病気? 

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

今日の動画は膝が痛くて病院にかかったが
オスグットと診断されたという方のために

オスグッド病ってのはどういう病気なのかを
簡単にご説明したいと思います

オスグット病っていうのはですね
小学校高学年から
中学校ぐらいの成長期のお子さんに見られる
膝の痛みなんですけども

膝の痛みの場所っていうのはですね
ひざを曲げて
お皿がここに来ると思うんですけども

今、上に乗っかってますけども

このお皿のすぐ下のこの

骨の出っ張りですね
ここが痛いと

ここの膝のお皿のすぐ下の
この骨の出っ張りのここが痛い

これを訴える子が
この膝痛、オスグッドって言うんですね

ちょっと似たような病気で
この骨の出っ張りよりちょっと上
この骨の出っ張りと

お皿との間のこの腱のところ

この腱のところが痛い場合はですね

ジャンパー膝と病名がついてます
今回はそのオスグッド病についてなので

この骨の出っ張りのここが痛い方
の病気になるわけなんですけども

これについて
ちょっとご説明したいと思います

このオスグッド病っていうのはですね
成長期の骨ってのは
成長していく過程でですね
非常に骨膜もやわらかくなってまして

そこに合わせてこの骨膜についてる
筋肉から腱、腱から骨膜に移ってついてるんですけど

この腱がですね剥がれかかっていくと
痛みが出るわけなんですね

これをですねよく発症するのは
運動スポーツをしているようなお子さんです

これはその走ったりジャンプしたり
サッカーボールを蹴るとか
蹴る動作をすることで

その太ももの前の筋肉がとても使われて
そこの筋肉が
酷使されて硬くなっていくと

引っ張る筋肉の力が強くなる
からその引っ張られた先の腱

あるいは腱から骨膜にくっついてる
その痛みの場所
そこが引っ張られて

剥離しかかって痛みが出る
という風なことが
症状になるのかなと思います

ですので
これをどのようにして治していくか
と言うとですね、まずはですね

その痛みの場所っていうのは
炎症を起こしてますので
炎症を取り除くようにしないといけません

剥がれかかっている力が働いてますので
そこをですね

逆に剥がれないように
くっつけるような作業をするんですけども

これはですね当院はテーピングをして
テープを貼りながら
剥がれにくいように

力を止めておくわけなんですけども
それをしながらですね

その剥がれかかってしまうのは
その上についてる

太ももの筋肉のこの硬さによる
ところが大きいかもしれませんので

そこの筋肉を和らげるような
施術をさせてもらってます

これもですねえテーピングをすることでですね
柔らかく緩んで行きますので

ここで太ももの前の筋肉も
テープを貼っていくというようなことを
させてもらってます

なぜ太ももの筋肉が硬くなるのかって言うと
その先ほど申し上げた

運動スポーツなんですけどももしかしたらですね

過度に太ももの前の筋肉を使うような姿勢なのか
あるいはそういう体の使い方
してるのかもしれませんので

そのお体の全体のバランスもチェックさせてもらって
改善できるところは改善して行って極力
その太ももの前の過度な仕事を
減らしていくように持っていったら再発の

予防にも繋がっていくように
なるわけなんですね

このような感じで
大体2、3回ほど施術をさせてもらったら
ほぼほぼ完治していくような
流れになってます

ですので

サポーター買われたりとか
っていうことをしなくてもですね

絶対運動しない
安静にしとかないといけない
というわけでもありませんので

そのもしですね

そのオスグット治療で
お困りの子供さんいらっしゃいましたら

当院の方にお問い合わせいただけたらと
思います
ということで

今日はオスグッド病について
簡単にお話しさせていただきました

またこのような感じで
動画を送らせていただきますので

よかったらまた
チャンネル登録の方もお願いします

LINEでですね
質問等、受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせいただけたら
と思います

ということで今日は以上になります

動画をご覧頂きまして

誠にありがとうございました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する