オスグッド病は骨盤の位置が原因

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。


今日の動画は
オスグッドの原因とは?について
お話したいと思います

オスグットの原因はですね
成長期の子供さんの
膝下への
負荷が大きくなることなんですね

じゃあその負担がかかるのは
なぜかということででよく見られるのは

運動スポーツをしてる場合です

例えばダッシュしたり
ジャンプしたり方向転換をするような
あるいは蹴ったり
ボールを蹴ったりとか いう
動作を頻回にするような
スポーツをしてるとですね

この太ももの前の筋肉
骨盤から下に
この大腿四頭筋っていうのがあるんですけども
ここのひとつ大腿直筋っていうのがありまして


これがですね
ちょっと膝を曲げたりとか
あるいはジャンプしたり
走ったりするようなことをするとですね
ここが非常にに使われるわけなんですね

でここをあまりにも酷使してしてしまうと
筋肉が硬くなってしまって
伸び縮みがしにくくなるんですけども


そうなってくるとどうなるかというと
大腿直筋はひざのお皿にくっついてるんですよね

このお皿がですね
上に引っ張られたまんまになってきます

今度お皿が上に上がったままになってくると
お皿の下についている膝蓋靭帯
膝蓋腱とも言うんですけども
この腱がですね
引っ張られた状態になります

この腱が引っ張られるとどうなるかというと
最終的にはですねこの腱がこのお皿の下
すぐ下にある骨の出っ張りの
脛骨粗面のところにくっついてるんですけど

ここがですね
成長期の骨っていうのは非常に柔らかいので
引っ張られ続けることによって

ここに付着してる腱が
骨膜から剥がれかかってしまって
痛みを出してしまう
という風になってしまいます

それで炎症を起こして腫れたり
熱感を伴っていって

ほっておくと
だんだんそれを繰り返すことで
ここに仮骨、骨が出来上がってきて
このでっぱりがひどくなって
くるというふうになってきます

ですのでこの原因というのはですね
この大腿直筋のこの硬さによって
引っ張られた
ということになるわけなんですね

その点、治療のほうもですね
もちろんこの患部のケアをしていきながらですね
再発しないためにも
ここの大腿直筋の
その柔らかさを取り戻す

というふうなこともしていってあげながら
その大腿直筋を
酷使せざるを得なくなった状態を
改善させるというのも
大事になってきます


もしかしてしたらですね
体の使い方バランス

例えばその骨盤がちょっと後傾してたり
猫背であったりとか
色々なここ以外にもですね

全身状態を見ていていただくことで
ここへの負担も減っていくんですね


ということで

この患部だけじゃなくって
この大腿部のところだけじゃなくって

全身を見て施術を
していく必要があります

ということで
今日はオスグットの原因について
お話をさせていただきました

またこのような感じで
動画を送らせていただきますので
よかったらチャンネル登録の方も
よろしくお願いします

LINEでですね
質問等も受け付けておりますので
よかったらお気軽にお問い合わせいただけたら
と思います

ということで本日は以上になります
動画をご覧頂きまして
誠にありがとうございました

https://youtu.be/EbMNux5udUg

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する