偏平足が足のむくみの原因?

足のむくみの原因は偏平足?

こんにちは!

松山市でひざ痛を”根本”から改善する整体院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

足のむくみが気になる女性の方へ、
今日はそんな足のむくみのケアについてお話ししたいと思います。

足がむくむことはどういうことなのか、
そしてそれを改善・予防するためにどのようにすればよいかといった内容でお送りいたします。

なぜ足はむくむの?

カラダ全身に血管とリンパ管がはりめぐらせています。

そして心臓から出た血管は動脈として全身を回り、
折り返し地点にきて心臓に戻るときは静脈となり心臓に帰ります。

動脈のときは酸素や栄養を運びながら、

静脈のときには二酸化炭素や老廃物を持ち運びながら
心臓に帰っていきます。

そんな中、足から心臓に向かう時は
重力に逆らいながら戻らなければならないので、

ふくらはぎの筋肉が
ポンプ作用の役目を果たしながら足から心臓に送り届けてくれています。

ふくらはぎが第2の心臓とも呼ばれているのはそのためです。

ふくらはぎは第2の心臓

そんな足やふくらはぎがむくんでしまうというのは
どういう事かというと、

原因は様々ですが、

要因の一つに
足やふくらはぎの筋肉が硬くなって
うまく血液を運べなくなっていると考えられます。

長時間の座位姿勢など同じ姿勢が長いと夕方にむくんできたり、

足腰の筋力低下によるものだったり、

塩分の取りすぎだったり、

心臓・肝臓・腎臓の障害といった内科的要因だったりといろいろありますが、

今回は、

長時間の姿勢によるものや
足腰の筋力低下によるものなどによっておこるむくみの
詳細のメカニズムについてお話ししたいと思います。

偏平足がむくみの原因?

長時間の立位・座位姿勢によるむくみと
足腰の筋力低下によるむくみは、

両方ともふくらはぎや足の筋肉のポンプ作用の減少によるものですので

このふくらはぎと足の、
特に足裏の筋活動を活性化させて
ポンプ作用を促していくことにより

むくみは改善、そして予防につながっていきます。

ぜひともむくみ改善のためにふくらはぎや足裏の筋肉を活性化させていきたいものです。

まず足裏の筋肉についてなのですが、

足の裏が偏平足だったり足の指が浮指になってはいませんか?

偏平足というのは足裏の筋肉が働きが弱く土踏まずが崩れている状態です。

土踏まずのアーチが崩れている状態とは、
床からの衝撃が本来、アーチによって衝撃が分散されていくものが、
もろに足の骨から下腿部の骨に衝撃が伝わる状態になっています。

また浮き指においては
踵や指の付け根部分にタコができる場合があるのですが
足指の支えが弱い分、そこへの衝撃が加わっている状態になります。

偏平足と浮指どちらとも
下腿骨への衝撃があるとともにふくらはぎの筋活動を制限してしまうので、

ふくらはぎの筋肉のポンプ作用も減少していきます。

ポンプ作用が弱まることで、
血液が戻りにくくなり、むくみやすい足になってしまいます。

したがって、偏平足や浮き指である場合、
それらを改善させるためのアプローチが必要になります。

次回は、その偏平足と浮き指を改善させる運動をお話ししたいと思います。

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する