腰痛なのに病院で異常なしと言われたらどうしますか?

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する整体院

ゆかい整体
院長の上杉光生です。

多くの方が経験されたことがあるかもしれない腰痛。
もしあなたが腰痛になってしまったらどうしますか?

なぜ腰痛になってしまったのか?
腰痛の原因は何なのだろう?といろいろ考えてしまいますよね?

腰の骨に異常があるのか、それとも腰の筋肉なのか、
ストレスによるものなのか、
内臓の病気からきたものなのか?

いろいろあると思いますが、まずはその痛みを何とかしたいから
病院に行かれると思います。

そうすべきだと思います。
なんだかんだ言っても、
病院で診断を仰いだ方が安心だからです。

万が一、大病を患っている可能性も
あるかもしれないですから。

では、病院ではどのように診断から処方まで出しているのでしょうか?

通院したことがある人は知っていると思いますが、
まず腰椎などの背骨や骨盤の異常を疑います。
まずはレントゲン写真を撮ります。
大きい病院になりましたら断面図も撮れるMRIも撮ります。

そしてレントゲン写真やMRI画像診断にて
特に異常がなければ「様子を見ましょう。」と言われます。

「2・3日安静にしておいてください。」
「痛み止めの湿布とお薬を出しておきますんで。」
といわれて、診察終了になります。

腰が痛いから何とかしてもらうために病院に行ったのですが、
画像上では特に異常個所が見当たらなかったため

「湿布出しておきますので様子を見ましょう。」
と言われてしまいます。

そして診断名は腰痛症と診断され、帰ります。

はたしてこの腰痛症って何でしょうか?

じつは腰痛の正体は
特別、変わったことがなければ85%の方は原因不明だと言われています。

ということは15%の方は画像診断にて診断名がつくけども、
それ以外は診断名がつけられないので腰痛症という
都合の良い名前をつけられているのです。

逆に言いうと、
この85%の原因不明と言われる腰痛症の原因は
レントゲン写真やMRIでは写らない何か、
もしくは撮影箇所以外の場所に原因があると考えるのが妥当だと思います。

しかし、病院では大方、
その別の身体の部位への診察
あるいは触診や視診など行う気配もないのではないかと思います。
実際にうちに来られている患者様の中で
うちに来られる前に病院を受診された方の中で
病院で触診されなかった方がほとんどです。

せめてお腹をちょっと触るくらいでしょうか

あとはレントゲン写真とMRI診断だけで
判断されてしまうのです。

病院の良い先生であれば
問診・視診・触診をする先生がいるのですが。。。

では腰痛の85%は骨ではない別の場所に原因があるのではないかということで、
実際に、レントゲン撮らなくても原因が特定できる患者様は多いです。
問診・視診・触診で可能です。

そして改善できるという事で実際、病院かからずに
当院に来られて改善される方がほとんどです。

よっぽどの重症で明らかに骨に異常がありそうな人の場合には、
速やかに病院受診をすすめますが。

このように
腰痛で困っているが画像診断では異常なしと出てしまうケースもあれば、


論文報告によりますと
腰痛持ちではない健康な人を画像診断したところ
7割近くの人がヘルニアなどの異常所見がみられたのです。
痛みが出ていないのに脊柱管狭窄症やヘルニアなどの画像所見が出ていたのです。

つまり画像診断でもこのように、
痛みの有無にかかわらず診断結果にばらつきが出ているので、

実際に痛みが出て画像診断で神経圧迫などがみられていたとしても、
本当にそれが痛みの原因なのかも疑わしくなります。

画像診断で、所見に疑わしきものがありましたら
それをうのみにせずにセカンドオピニオンそして
別のところにかかってみるのも
一つの手でです。

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する