膝曲げると痛い腫れはこうやって冷やす

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

今日はひざの痛み
ひざが腫れてて曲げるのが痛い

についてお話ししたいと思います

ひざを曲げようにも腫れてるという場合はですね

当たり前なんですけども

無理をして曲げないのはもちろんで

腫れてる時っていうのはですね
炎症が起きてますので

急性の痛みということですね

なのでこれをまず冷やさないと
いけませんので

まずは冷やすようにしましょう

冷やしながら

速やかに病院にかかっていただくと
いう風なことになると思うんですけども

この冷やす
ということについてもですねルールがありまして

やみくもに冷やしてしまっても
逆に凍傷をひき起こして痛めてしまうので

冷やすときはですね

氷のう、氷水を入れる袋ですね

ホームセンターとかに行き

ましたらあるんですけども

こんなやつですね

ここから氷入れて

ちょっと水たしてもらって、これをですね
ひざの痛いところに押し当てると

これをだいたい10分~15分

続けて冷やしたら一回休憩してます

10分ほど間をおいて

また10分~15分冷やして

で、また10分

休んでを繰り返して3回しましょう

これを続けて

30分や1時間やと冷やし続けると
よけいに痛めてしまいますので

これはあの気をつけて
時間をちゃんと区切ってやるようにしましょう

氷のうがなかったらですね

ジップロックの袋でも構わないですし

何かしら氷水を入れるようなビニール袋
とかに入れて冷やしてあげても
いいかなと思います

これで冷やしながら痛みを和らげて
炎症を抑えながら病院にかかっていただくか

あるいはひざの痛みを抑えるために

当院のような整体院でも構わないですし
来ていただいて

痛みを和らげるという
ふうなことをして頂けたらいいと
思うんですけどもその時にですね

うちの場合は

ひざ周りのテーピングをさせてもらって

痛みの炎症、痛みの元を流すようなことを
させてもらってます

テーピングって言いましても

固定をするようなテーピングとは
ちょっと意味合いが異なってですね

うちの場合の
このテーピングってのは

血流を良くするためのテーピングになります

これはどういうことかっていうと

この皮膚にテープを貼りますよね
皮膚にテープを貼ることで
その皮膚からシワシワが出てきます

シワシワが出てくると
その皮膚の下に走ってる毛細血管とかが
より拡張されやすくなって

拡張された血管ていうのは
中を通る血液がより
通りやすくなるわけなんですね

血液の循環が良くなって炎症を流していくと
あるいは痛みを取り除いていくようなことを
してくれるんですね

こういったテーピングをさせてもらって

なるべく早く痛みを消し去るような
作業をさせてもらってますので

なかなか痛くて足がつけない
ひざが痛くて歩けない子もですね

このひざ周りのこのテーピングをすることで

痛みがだいぶ軽くなって
歩いて帰られる方も多いです

最初、松葉杖で歩いて来られてたのが
松葉杖なしで歩いて
帰られるということもありますので

出来ますので、ぜひ、ひざの痛みでですね
曲げたりして痛い方は

このテーピングを受けて見られても
いいんじゃないかなと思います

ということで今日はひざの痛み
腫れについてお話をさせていただきました

またこのような感じで
また記事を送らせて頂きますので

良かったなと思いましたら

お気に入り登録の方もよろしくお願いいたします

またLINEでも質問受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせいただけたらと思います

ということで本日は以上です

ご覧いただきまして

誠にありがとうございました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する