ぎっくり腰の改善方法

まず、ぎっくり腰の自分なりの定義として、以前から腰痛があったり違和感があったというケースはギックリではなく、ただの慢性腰痛だと思っています。

ギックリ腰とは、 欧米では急激な痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれるように、 痛みの度合いは様々ですが不意にいきなり来る腰の痛みです。

ひどい場合は身動きが取れない程のものまであります。寝返りが打てないほどの重症なギックリ腰まであります。手も足も動かせないほどの。

そんなぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいます 。

個人差はありますが多くは1週間から2週間程で自然回復していきます。しかし改善が見られなかったり、足腰に痛み・シビレが出てくるようなことがあれば、椎間板ヘルニアなどの疑いもあります。

当院でのギックリ腰の改善方法

通常の腰痛の方であれば、普通に時間をとってカウンセリングをしながら痛みの原因を探っていくのですが、

ぎっくり腰の場合は、「身動きがとりずらい。」「楽な姿勢が限られている。」そしてなにより今すぐ!この痛みをなんとかして!っていう方がほとんどですので、座ってお話しするのも大変です。

最小限の確認事項が確認出来たらすぐに取り掛かります。

よく痛みの訴える場所で多いのが骨盤の仙骨部や仙腸関節部

しかしこの痛みの場所というのは、なにか原因があっての結果(=痛み=ギックリ)である為、痛みを引き起こす原因がほかにどこにあるかを探します。

ぎっくり腰になった際は、仙腸関節がロックして固まっていることが多いのでこの仙腸関節のロックを外すのですがこれは原因ではありません。これも結果です。

仙腸関節のロックを外して多少、楽になるかもしれないですが、原因は別のところにあるため再発の恐れが大いにあります。

ぎっくり腰の原因は

では、ぎっくり腰の原因はどこかと言うと、お尻にある筋肉の、中殿筋大殿筋の硬さであったり

お腹の奥にある腰の筋肉で大腰筋・腸骨筋であることが多いです。


また、意外に思われるかもしれませんが、腰のギックリなのに原因が別のところにあるものとして首の横に付いている斜角筋であったり、肩に付いている僧帽筋もあります。そのほかにも肩甲骨や背中の筋肉である広背筋の硬さも一因であったりすることがまれにあります。

原因を見つけたらどのようにする?

痛みがでている場所を何とかしたいという気持ちが強いと思います。しかし、だからといって痛いところやその周り、下半身等を揉んだり押さえたりする行為は、一時的に楽になったように感じるかもしれませんが 、実は筋繊維を壊しているので脱力感で楽になっているように錯覚しているだけなのです。

原因となっているところが、固くなっている筋肉であるとした場合、その筋肉を緩めるためには生活習慣から変えていかないといけません。

しかしいま、ぎっくり腰で大変なのに生活習慣を変えろといっても時間がかかりすぎますよね?
そうではなく、すぐに筋肉をゆるめるためには筋肉の循環を良くすることです。

それが血液やリンパといった体液の流れ循環です。

普段は身体を動かし筋肉を収縮・弛緩(伸びたり縮んだり)させることで循環が良くなるのですが、ぎっくり腰の最中では身体をうごかすこともままなりません。

畑中式メディカルテーピングを用いて筋肉を緩める

そこで、当院ではメディカルテーピングを行います。テーピングといっても引っ張って貼ったり固定をするような貼り方ではない独特な貼り方ですが、それにより循環が良くなり血流量が増え酸素と栄養、リンパ液が行きわたり筋肉が緩まるようになります。

逆に引っ張ったり締め付けたり固定するような貼り方をしていては、かえって筋肉への循環が阻害されてしまい筋肉はやせ衰えてしまいますので厳禁です。

※ちなみに湿布とは異なりテープ自体に薬剤は入っていません。ただの伸縮性のあるテープでありこの伸縮性を利用した施術で行っています。

畑中式メディカルテーピングで施術中

しかし、ただ貼るだけではなくターゲットとなる筋肉が緩みチカラが発揮できるようになっているかを身体を動かしてもらって検査を行います。

例えば大腰筋であれば、テープを貼った後にあおむけの状態で徒手筋力検査 (manual muscle testing :MMT)をおこなって大腰筋の筋出力検査をみていきます。

そして実際に筋出力が強化されていれば同時に緩んでいることも分かります。

ちなみに 徒手筋力検査 (manual muscle testing :MMT) の判定のスケールとして以下のように区分されています。

5Normal強い抵抗を加えても、運動域全体にわたって動かせる
4Good抵抗を加えても、運動域全体にわたって動かせる
3Fair抵抗を加えなければ重力に抗して、運動域全体にわたって動かせる
2Poor重力を除去すれば、運動域全体にわたって動かせる
1Trace筋の収縮がわずかに認められるだけで、関節運動は起こらない
0Zero筋の収縮は認められない

貼った後には4~5へ改善していることが多いです。

筋肉を緩める方法 その他

当院では、クリームを塗った後にテープを貼っていくのですが 、このクリームもテープ同様に筋肉を瞬時に緩める効果が出るもので、肩こりや筋肉痛などにとても効果が出ています。

気になる方は声かけていただき、試しに塗っていただくとその効果を実感できると思います。

また、ヒットマッサーで振動を与えていきながら緩めることもできます。

仙腸関節がロックして詰まっているのであれば、仙腸関節の動きを引き出すためのアクチベーターを使用し、仙腸関節の可動性を出してやることでお尻の筋肉、殿筋群はすぐに緩むことができます。

その他にも、自動運動など様々な方法で緩めることは出来ますが、あくまで原因である筋肉、ターゲットを見誤らないことが肝心です。

貼った後は?

テープを貼った後、当日はお風呂を控えてもらっています。ぎっくり腰は炎症を起こしている急性期であるため患部を温めることで、炎症を憎悪させてしまう恐れがあるからです。

したがってシャワーにとどめてもらうようにしてもらっています。

改善しても完全に痛みが取り切れないこともあります。そんな時は、痛みの出ている場所に氷嚢をあてて冷やしてもらうようにしています。

ぎっくり腰でも多少、動かしていく方が良い?

よく腰痛になったら寝て安静にしておくと良いといわれてきましたが、イギリスの医学誌に掲載された論文で
「ベッドで安静に過ごす」「施術を受ける」「できる限りこれまでのように日常生活で身体を動かす」
という3つのグループに分けて経過をみていったところ

「できる限り通常の日常生活を過ごす」としたグループが最も改善が早く、 「ベッドで安静に過ごす」 としたグループが最も改善が遅かったという研究結果が出たそうです。

また他の研究においても、よほどの動けない激痛である場合を除いては、安静にしていることが実は改善を遅らせてしまうリスクになりうることが多いとのことです。

したがって痛みが出ない範囲で、無理ない程度に日常生活を送っていただくのが一番です。過保護に寝て安静と言うのは良くないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です