中学生のよくある膝の痛み症状チェック 

こんにちは!

愛媛県松山市のゆかい整体院長の
上杉光生です。

今日は膝の痛み

症状のチェックについてなんですけども

中学生に多い膝の痛みについて
お話しできたらなと思います。

膝の痛み

中学生になって

運動をされている子なんかですと

ひざの至る所に
痛みが出ることがあるんですけども

その場所場所によってですね

その痛みの原因っていうのが

異なってきます

ですので今日は

その場所場所によっての

その症状についてお話しできたらなと思います

はい、じゃあ実際にひざを

見てもらって説明したいと思います

ジャンパー膝

まずお皿のですね

この上下

お皿のすぐ下の
このの部分だったり

あるいはこのすぐ上のところ

ここに痛みが出るっていうのはですね

例えばそのバレーだったりバスケットだったり

ジャンプするようなスポーツですね

そういった時にですね

この太もものこの大腿四頭筋

グッと働くんですよね

ジャンプする時っていうのは

その時に引っ張られて

お皿(膝蓋骨)が

この大腿四頭筋が腱になって

お皿にくっついてるんですけども

お皿の下からまた腱になって

この下腿骨の脛骨粗面というところに

くっついてます

腱があって、ここも腱があるんですけども

ここがですね

常にこの太ももの

筋肉の緊張によってですね

緊張状態になって

引っ張られることが頻繁にあって

この上下のところに痛みが出ることが多いです

これをですね

ジャンパー膝ってよく言われるんですけども

このジャンパー膝が

その痛みを引き起こしているというので

もしかしたら

そのスポーツで飛んだり跳ねたりするような

子っていうのは

お皿の上と下に痛みがよく出てます

なのでそういった子にはですね

どのようなことをしたら良いかというと

この太ももの前の筋肉をですね

柔らかくして

このお皿の動きを

ちゃんと出してあげるようにしてあげる

というふうなことをやっていたら

いいんじゃないかなと思います

オスグッド痛

もう一つはですね

お皿の下からもうちょっと下がった

このポコっと下腿骨の骨が出てるところですね

ここに痛みが出てる子

この脛骨粗面のこの骨の出っ張りの辺りが

痛い場合はですね

オスグッド病っていうんですけども

オスグッド

いわゆるその成長痛とかって
よく言われるんですけども

ここが痛い子はですね

成長痛っていうことで体が大きくなって

お皿の下の腱が
この脛骨粗面に着いてるんだけども

これがですねここが引っ張って

お皿を引っ張って引っ張って
ここが痛みを出てる、ココっていうのは

その膝蓋腱なんですけども

この膝蓋腱が

脛骨粗面にくっついてるんだけども
成長に伴って引っ張られる
引っ張る力が強くなって

この骨膜からですね
はがれていってしまいそうになって痛みが出る

これをオスグッド病って言うんですけども

ここが痛い子ってのはこのオスグッド病
が考えられますので

これをなるべく引っ張られないように

まずこの同じく太ももの筋肉
大腿四頭筋が硬くなってないかどうか

固くなって引っ張っての力が
強くなってないかどうか

先ほどのジャンパーと同じなんですけども

ここがもし固くなってるようでしたらですね

このお皿が多分動きづらい
下がりにくくなって
あがりっぱなしになってることが多いので

このお皿の動きを出してあげながら

この太ももの前の筋肉も
柔らかくしていく

こうなことを
やっていく必要があると思います

またこれはですね

当院の場合は

ここを柔らかくするのはもちろんなんですけども

この剥がれかかりそうな
剥がれかかっているこの
骨膜のところをですね

あの剥離しないように
よりしっかり固定するというか
とめておくようにテープを貼ります

ただですね

あのイメージするような
引っ張って貼るのはこの脛骨粗面部位だけ
なんですね

後はですね

周りはグルグル巻きに巻いて
固定したりとか
ひざ全体を引っ張るっていうことは
しなくてですね

押し付ける箇所はただここ一箇所だけですね
ピタッ
押し付けるようにテーピングをさしてもらって

オスグッドの痛みを和らげる
あるいは痛みをなくすっていう

テーピングもさせてもらってます

このオスグッドで
困っている方がいらっしゃいましたら

是非、来ていただけたらと思います

内側広筋

あとはですね

中学生とかにお子さんに多いのが
この膝の内側。この膝のですね

ここら辺に痛みが出るというのはですね

この運動してる子で

例えばサッカーとかフットサルとか

フットワーク踏ん張るようなバスケットとか

そういう風な運動で
踏ん張ることが多いようなスポーツに

ここを痛める子が多いんですけども

ここはですね内側広筋っていう


大腿四頭筋が太ももの前にあるんですけども
この四頭筋のうちの一つであるこの
内側広筋が非常に硬くなって

ひざを伸ばして力入れたら
盛り上がる筋肉

これが内側広筋なんですけども

ここがですね

痛いっていう子は大体
内側広筋を痛めている。
あるいは固くなってるとこですね、

なので

ここの筋肉を緩める為の
テーピングをさせてもらったりして

痛みを取り除いています。

太もも裏の肉離れ

あとは膝裏太ももの裏の筋肉

ここをよく肉離れする子がいますよね

ここの肉離れハムスト太股の裏の筋肉を

大腿二頭筋と半腱半膜様筋を総称して

ハムストリングスがあるんですけども

大きい二つの半腱半膜様筋と
外側に大腿二頭筋が走ってるんですけども

ここをですねよく

内側の方の半腱半膜様筋のどちらかが肉離れ、
あるいは外側の大腿二頭筋の肉離れということがあります

これですね

ここに肉離れテープを貼って

その周りも血流を良くするテープを貼り

痛みの元を流すようにしながら

修復を促すようなテーピングをさせてもらってます

もしここにて肉離れしたらですね

当院に来てもらってテーピングをした後はですね

その痛みも和らぐあるいは痛みが消えて
なかなか歩くのにびっこを引いて歩いてたのがですね

普通に歩けるようになるぐらいまでにはなります

ただ、また全力で運動するという風には、
すぐにはね

肉離れを起こしてますんで

すぐに全力で走れるように
はなりにくいんですけども

そこそこはあの歩いたり
軽く走るぐらいまでにはなります

ということで

今日は膝の痛みの症状チェック

ということで

中学生の子供さんに多い膝の痛み
膝周りの痛みについて

お話しさせて頂きました

このような感じですね

痛みの原因を特定したらですね

あの当院では
テーピングを使ったりしながら

痛み改善を図ってますので

もし気になる方いらっしゃいましたら
またご連絡いただけたらと思います

このような感じで
また記事を送らせて頂きますので

良かったらですね
チャンネル登録の方もよろしく
お願いいたします

LINEでも質問等受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせいただけたらと思います

ということで本日は以上になります

当ブログをご覧頂きまして

誠にありがとうございました

シェアしてくれるとうれしいです!

ゆかい整体へ電話する