腰痛で病院を3件まわったが、やること一緒だった

こんにちは!

松山市で腰痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体

院長の上杉光生です。

今日は
何か所も病院行ったにもかかわらず
改善しなかった脊椎分離症の女性の方のお話しを
させていただきたいと思います。

結論から言いますと、
病院がダメなら整体院に行ってみませんか?です。

なぜそのようなことを言えるのかを
準立てて申し上げますと、

まずその女性の方は
中学生のころに脊椎分離症と診断されたそうですが
しばらくは安静に過ごしてひどくならずに済んでいました。

そして30代に差し掛かった現在、
腰に鈍痛を感じて、
脊椎分離症を再発させたのかと思い病院の整形外科を受診しました。

最初の病院では

レントゲンやMRIなどを撮ったところ
病院の先生からは脊椎分離症ではなく、

「もう完治してますよ」と診断されたそうです。

「仕事の中での作業で腰痛が出てきたのでしょう。」と。

なので、
その日は物理療法の電気治療や腰の牽引療法を行って帰りました。

しかし腰痛は続いていましたので、
もうすこし大きい別の病院の整形外科を受診しました。

2件目の病院では

すこし大きい別の病院の整形外科では

レントゲンなどを撮った結果、
今度は脊椎分離症との診断をうけました。

レントゲンで腰椎の分離症になっているとの所見でした。

リハビリをしましょうとのことで、
ここの病院でも物理療法の電気治療と腰の牽引療法とマッサージを受けて、
痛み止めの湿布やお薬を処方されました。

数日後に再受診してリハビリするように言われたので、
数日後、同じ病院にて前回と全く同じ内容の
リハビリを受けて帰ったのですが

翌日に腰椎の激痛に襲われるようになりました。

立つのも大変でコルセットを付けていても動くと激痛に。

その後、
病院に行って症状を話しても、
先生はあまり話に乗ってくれない感じ。

もしかすると牽引が悪かったのではないのかなと言うと、
明らかに険しい顔になって
「リハビリから牽引をのけておきます。」と言われました。

その日は牽引なしのリハビリを受けて
痛み止めの注射を受けて帰ったのですが、

それでも痛みは続きます。

これでは仕事にならないので
知り合いの看護師にすすめられて、
別の病院(3か所目)にわらをもすがる思いで受診しました。

3件目の病院では

別の病院(3か所目)でも
レントゲンなどを撮ってみた結果、
脊椎分離症の所見は見受けられないとのことでした。

始めの病院は脊椎分離症ではない。

2か所目の病院は脊椎分離症である。

そして3か所目の病院では脊椎分離症ではない。と診断されました。

先生には腰痛の辛さ、
立ったり歩くことが大変であることは伝えたのですが、

脊椎分離症の所見はない。

また一週間後様子見ましょうとのことで、
引き続き、湿布と痛み止めの薬、コルセット着用でした。

コルセットも着用しながら
痛み止めの薬を飲みながら
湿布を貼っているのですが、

特に効果が感じられず。

でも先生からは筋力をつけてくださいとしか言われません。
筋力をつけたいけれども痛みがあるから筋トレもできません。

整形外科の病院ごとに
診察結果がこうも違ってくると何が正解なのかわからず、
そして何をしたら改善するのかわからない。

新たに別の病院に行ったほうが良いのか、
それともしばらく言われた通りリハビリを続けるべきなのか、
安静を続けた方が良いのか、
仕事をこのまま休んでおくべきなのか。悩んでいます。

っていう女性の方でした。

着目するべきこと

着目したいのは
診断名がどうであろうとやっていることは、

物理療法の電気治療と
腰の牽引とマッサージと痛み止めの湿布、
痛み止めの薬、そして痛み止めの注射であって

どこもほぼ同じ内容であるという事↓

新たに他の病院に行ったところで、

診断名がどうであれやることは同じになってくるのは目に見えています。

腰痛の患者さんで病院に通われている、
或いは病院に通ったことのある患者さんに、

どのような治療を受けてきたか聞いてみてください。

たぶんコレです↓

おそらく上記のメニューが出てくると思います。

運が良ければ勉強熱心なリハビリの先生がいらっしゃれば
個別にリハビリ対応していただけるかもしれませんが。

そうでなければ、
腰や全身を押さえたり揉んだりのマッサージに終始してしまうでしょう。

そこで痛みが劇的に変わるかというと、
何となく楽になったような感じに留まると思います。

揉んで押さえられると筋肉は
痛めつけられて脱力感を引き起こしていて、
それを楽になったと錯覚するわけです。

良い病院かどうか選別方法

もし新たに病院を受診されるのであれば、
この点だけ見てほしいと思います。

病院の先生がしっかり
「患者さんの話を聞いて検査をしてくれるかどうか。」

これだけで良い病院かどうか選別できます。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、
しっかり患者さんの生活習慣から
痛みのでる動作などくまなく話を聞いていけば、

おのずと原因は見えてくるものです。

それを病院の先生がやってくれているかどうかです。

それでも良い病院が見つからなければ

それが、難しいのであれば
整体院にかかってみたらよいと思います。

整体院では初回お試しで施術を受けられるところもあり、
そこで治りそうかどうかも判別できます。

これからは選択肢を病院だけというのではなく、
整骨・接骨院、鍼灸院、整体院にもっともっと広がり、
治す方法はたくさんあるっていう事が知ってもらえたら

もっと救われる方が増えると信じています。


記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する