80代女性で膝の痛みを軽減させた方法について

80代女性で膝の痛みを軽減させた方法について

松山市でひざ痛を”根本”から改善する治療院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

先日の80代女性の変形性膝関節症について
前回は、下肢全体のむくみ浮腫を軽減させるお話をしましたが

膝が痛い、あしのむくみはこうして改善させる

80代女性の10年来の変形性膝関節症と浮腫

今回は、立った時の膝の痛みの軽減させた方法について
お話ししたいと思います。

ひざの状態とその原因とは

まず立ってもらうときに
膝がまっすぐに伸びていませんでした。

ということで、
膝を伸ばすことを邪魔している何かがあるのですが

その邪魔しているものの一つが

膝の真裏にある膝窩筋(しつかきん)という筋肉です。

この筋肉が硬く突っ張っており膝を曲げた状態で
押さえてみても痛みの訴えがありました。

正常であれば、痛みはありません。

この膝窩筋をゆるめて
しっかり伸びるようにすることで

ひざの関節も伸びやすくなります。

ただ、膝の関節が伸びにくい方は

膝だけの問題ではないことが多いです。

それは、膝の不具合は結果であって
原因が膝の裏の筋肉だけではないのです。

その原因に多いのが股関節の硬さだったり
足関節の硬さだったりします。

この方の場合は股関節も足関節も

両方とも固く、可動域制限がありましたが

特に問題視したのは股関節の内旋制限。

股関節を外に開くのは得意だったのですが

膝と膝の内側を両方くっつけるような
内ももどうしをくっつける運動

股関節の内旋動作が
非常に苦手でできませんでした。

この運動制限がしわ寄せとして膝関節の過剰運動となり

膝のO脚、そして
膝の痛みを誘発していたと考えました。

対処方法とは?

そこで、膝周りのケアもしながら

根本原因である股関節にある筋肉の
硬くなっていて運動を阻害している筋肉を見つけます。

それが、梨状筋だったり内閉鎖筋など

6つの外旋筋です。

これらの硬さにより
ひざを内側に動かすときに引っ張られてしまい

股関節の動きを邪魔しています。

この6つの筋肉のうち
自分は梨状筋の硬さを緩めるために

梨状筋テープを施しました。

これにより股関節の動きも
完全に元通りにとはいきませんが

前に比べると
股関節の動きがスムーズに動くようになりました。

これで立ってもらうと
本人もスッと立ちやすいような感じ
実感していただきました。

その場で膝の痛みを
10から0にというわけにはいかなかったのですが

下肢全体の浮腫軽減から
立位・歩行のしやすさ安定性が向上していましたので

引き続き、これらの働きかけをしていくことで
股関節の動きの改善
膝内側への荷重も減っていき

内側の荷重痛が減っていく流れになります。

この方はそれまで、病院でお医者さんに
手術を勧められていたそうです。

本人はこれまでも手術をかたくなに拒否をしてきたのですが
今回の当院での施術によって

手術しなくて済んだ
言っていただけました。

膝関節の手術を勧められ
これからどうしようと考えているなら

まだ手術をしないで済む術が
残っているかもしれません。

今回のような患者さんを
多く見てきました。

ぜひ、手術を決断する前に
改善策を見出してくれる先生のもとで
施術していただきたいものです。

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する