しゃがめない70代男性の場合

ひざが痛いしゃがめない70代男性の場合

こんにちは!

松山市で膝の痛みを”根本”から改善する治療院

ゆかい整体 院長の上杉光生です。

70代の男性、膝が痛くてしゃがめない。

今回の患者様は70代男性の方で、
いまでもお仕事を頑張られている現役の方です。

ただ、お仕事では、しゃがんで作業をすることが多いそうですが
「ひざを曲げると痛い。」


そんなお悩みをもってやってこられました。

これまで、ひざを伸ばした状態で身体をかがめさせた状態で
作業していたようです。

その姿勢を長年続けて作業をしていたため
腰痛になったこともあったそうです。

現在も、腰痛の不安があるそうです。

ひざのお皿の動きを引き出す

痛みでひざ関節を曲げることができていないので
膝関節自体に、
膝を安定させるようにテーピングをしていきます。

また、ひざ関節のお皿である膝蓋骨の動き
全くなかったので

この膝のお皿を動くようにします。

多くはお皿の上にある大腿四頭筋という
太ももの前に付いている筋肉が

このひざのお皿を上に引っ張り上げていることが
非常に多く、

今回も同様に、大腿四頭筋が硬くなって
ひざのお皿を上方に引っ張っていました。

したがって、この大腿四頭筋の硬さ
過緊張を緩めていきます。

そのためには、大腿四頭筋にテーピングをしていきます。
そして、膝のお皿にアクチベーターを使い
可動も促していきます。

ひざの裏の筋肉を緩める

膝窩筋

また、ひざの裏側にある
ひざの曲げ伸ばしの微調整をつかさどる
「膝窩筋」も非常に硬くなっていて
ちょっとの押圧でも痛みを訴えられていました。

この膝窩筋が硬くなっていることで
しゃがみ動作時の
ひざ関節を曲げる動作の邪魔になっていました。

そこでこの膝窩筋も緩めます。

ひざの痛みの原因は足首?

「腓腹筋」「アキレス腱」

そして、下腿部、特にふくらはぎの
「腓腹筋」「アキレス腱」の硬さにより

足関節の可動に制限が出るほどに
硬さがみられていました。

痛みは膝に出ていましたが
膝関節の痛みの原因は

ひざ関節ではなく
それ以外のところにあることもあります。

それはどこかというと
「股関節」か「足関節」に問題があることが多いです。

この方の場合においても
股関節の硬さ足関節の硬さもありました。

両方の関節において
関節可動域に制限が著明にみられていました。

今後の施術方針

今回は、膝周りと下腿部等へのテーピングによって
痛みは激減して大変喜ばれていましたが、


膝の痛みをとって、痛みを抑えるだけでは
原因の解決には至っていないので

再発の恐れが非常に大きいです。

この方は股関節・足関節にある問題点も
解決していかなければなりません。

したがって、膝へのケアもしながら

同時に股関節や足関節にもアプローチをしていくので

正直、回数はかかることをお伝えして
通ってもらうことになりました。

膝の場合、痛みが取れたと思っても
ふとした時にまた痛みがぶり返すこともあるので
とても厄介です。

膝が痛いのに股関節や足関節の説明もしていて

不思議がられますが
分かりやすく説明させていただいています。

とにかく

膝が痛いからと言って

膝しか見てない先生はとても不十分です。

痛みの原因は
痛みの場所以外にあることが多いです。

本日も最後までブログを読んでいただき

本当にありがとうございました。

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゆかい整体へ電話する